スポンサーリンク

コンシューマーのゲーム、そしてスマホのゲーム、それぞれなんだかんだ違いはありつつも、どちらも遊んでいるという人も多いと思います。

昨今では同じゲームをそれぞれ違うハード・スマホで遊べるという事も珍しくなく、遊ぶ際の選択肢が増えてありがたい限りですね。

今回はスマホ版の配信が望まれる人気タイトル「フォールガイズ」そのスマホ版についてのあれこれをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

フォールガイズのスマホ版が出ない理由は?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

昨今、人気の出るオンライン型のゲームというのは多くありますが、そのほとんどが多種多様なプラットフォームで遊べるという共通の特徴があると思います。

まぁただでさえスマホの普及率の高い現代、単にゲームハード位向けに配信するよりもスマホにも一緒に配信、という方がとっつきやすさという点では大きなメリットがありますね。

 

そういう側面もあり、大体の基本無料配信を行っているタイプの作品はスマホ版を求められる事も多いですし、需要自体もあると思います。

そんなスマホ版が望まれていそうな人気タイトルといえば、先日ついに無料配信化がスタートした「フォールガイズ」ではないかと思います。

 

可愛らしいポップなデザインのキャラクターを操作し、生き残りを掛けて様々なアスレチックをクリアしていくギスギスした雰囲気が魅力のゲームですね。

現在PS4/PS5/Xbox/Switch/PCにてプレイ可能なタイトルとなっていますが、スマホ版は配信されないのか、気になる人も多いでしょう。

 

公式からスマホ版に関してされたアナウンスは現在一つのみで、中国のコンテンツ企業である「bilibili」が中国独占でのスマホ版配信を行う、という予定のみですね。

ちなみにコレも2020年8月に発表されたニュースで、あくまでリリース予定という話となっただけで今現在でもどうやらリリースされていないようですね。

 

当然これは中国独占でという話であって、日本国内などではそもそもスマホ版の予定すら告知されていない、というのが現状です。

ゲーム的な観点から見ると、最大60人のプレイヤーが同時に動き回ってプレイする、というシステム的にスマホのスペックがかなり必要になりそうですね。

 

通信関連の負荷もかなり掛かりそうですし、単にフォールガイズをスマホ版に移植する、というのは難しそうな気もするのですが……。

単純にゲーム自体もアクション製が高く、結構精密な操作を要求される事もあってスマホ向きかどうかと言われると少々疑問ではありますが。

 

現状ではスマホ版がリリースされていない理由としては、単純な開発難航、加えて上で触れた「中国独占」でのライセンス取得の件が関わっていそうです。

この独占ライセンス、というのがどの程度の期間、どの程度の拘束力を持って施行される物なのかはわかりませんが、無関係ではないと思われます

 

ただ、昨今のゲーム関連の独占関連は大体の場合時限独占となっている事も多いですし、永遠に中国以外ではリリースされない、とは考えづらいと思います。

現状で出ない理由は恐らくそんな所ではないかと思いますし、公式からのアナウンスもされていない現状では情報待ち、という所ではないでしょうか。

 

まぁ折角無料化と同時に様々なハードで遊べるようになったわけですし、スマホ版もという気持ちも分からないではないですが、遊べるハードを用意する方が早そうではあります。

 

海賊版などには注意が必要!


出典:https://store-jp.nintendo.com/

さてさて、スマホ版の配信を望む声もそれなり以上に多そうな「フォールガイズ」ではありますが、現状では公式にスマホ版のリリース予定は発表されていません。

そんなタイミングで注意が必要なのは、各アプリストアなどでよく似たゲーム、いわゆる海賊版・パクリゲーと言えてしまうような物が配信されているという所ですね。

 

現状でパッと調べた限りでも2、3本はそっくりなゲームが配信されているのが確認できましたが、当然これは「フォールガイズ」とは何の関係もありません。

まぁ数多くのアプリ・ゲームが配信されているスマホゲーム市場では、時にこういった露骨すぎるパクリゲーなどが配信される事がありますね。

 

これらはまぁ結局の所、ガワだけを真似た劣化作品である、ということも少なくなく、単純に出来が悪いという事もまぁまぁの確率であります。

一応はGoogle PlayやApp Storeの審査を一度は通っている以上、これらのサイトからダウンロードして遊ぶ分にはそこまで危険性は高くないとは思います

 

ですので、遊ぶかどうかはユーザーの好みではありますが、一番のリスクは「すぐに配信停止になる」可能性が捨てきれない、という所ですね。

当然ゲームの内容やビジュアルなどが、明らかに似せている、パクりであると言えるようなレベルである場合、大本から訴えられたりという事もありえるでしょう。

 

そうなってくると当然配信停止などになってもおかしくはありませんし、そういった状況になった場合は仮に課金していたとしても払い戻しがあるとは限りません

そういった観点から、よく似たゲーム、というのはそれなりに問題がある事が多いので、遊ぶなとは言いませんが注意は必要ではないかと思います。

 

まぁ現状公式的にスマホ版が配信されていない以上は仕方のない部分ではありますが、良く似たゲームのプレイは自己責任で、という所でしょう。

繰り返しにはなりますが、単純にゲームの出来が雑であったり、という事も珍しくない話なので、あえて遊ぶメリット自体は少ないとは思います。

 

どうしてもスマホで「フォールガイズ」を遊びたい、良く似たゲームでも良いから遊びたいという人を止める事はしませんが、オススメはしません

そういった海賊版的なゲームに危機感を覚えるのであれば、やはり公式にスマホ版が配信開始されるのを待つのが得策と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

配信されるとしたらいつになる?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

さて、ここまでスマホ版についてのあれこれを書いてきた「フォールガイズ」ですが、あくまで公式から「スマホ版が開発中」といったような話は出ていません

まぁ開発中かどうかという話題を公式が発表するかどうかは、結構開発側のさじ加減にもよる、という所が大きいとは思います

 

事前に開発し始めました、という話題を発表するメーカーなども多いですし、逆に特に話題に出さないまま、突然配信を開始という形で世に出してくるメーカーもありますね。

フォールガイズの開発がどの程度その辺りの情報を出してくるか、というのはなんとも言えない所なので、こればかりは待つしか無いという感じではあります。

 

では、それらをとりあえず置いておいて、今回話題として取り上げた「フォールガイズ」の、スマホ版が配信されるのはいつ頃になるかの予想などをしていきたいと思います。

あくまで完全な予想ですし、今回ばかりはそれほど根拠があるわけではないので、あくまで話の種程度に見てもらえれば幸いです。

 

予想を最初に書いてしまいますが、スマホ版の配信開始はありえるとしても2023年6月以降、ぐらいになるのではないかと思います。

一応、根拠としては2020年8月時点でスマホ版のリリースを中国が独占契約、したにも関わらず未だに配信は開始されていないという所ですね。

 

この事から、単純にスマホ版フォールガイズの開発自体は難航している、あるいはもうストップしてしまっている事が考えられます。

そこから他のメーカー、あるいは開発元のMediatonicが正式に世界展開を考えてスマホ版の開発をスタートするという可能性もありえます。

 

フォールガイズ自体、開発自体は結構遅れ気味、というか単純に時間が掛かっていると思わしい所も多いのが現状ですね。

実際にPC及びPS4で発売して以降、他のプラットフォームへの配信開始は2021年夏頃、と予定していましたが、実際に配信開始されたのは2022年6月とズレ込んでいます。

 

そういった事情も考えると、仮にスマホ版が開発を開始しているにしろ、これから開始するにしろ、ある程度の時間は必要になるのではないかと思います。

新たに無料配信・各プラットフォーム版がリリースされたタイミングから大体1年ほど空いてスマホ版もリリース、というのが今回の予想の根拠ですね。

 

あくまで素人考えで出した予想でしかないので、根拠としては薄いとは思いますが、まぁ2022年内にというのは少なくともなさそうだと思います。

現状では予定があるのかないのか、開発しているのかどうかも分からない状態ではありますので、やはり公式からの発表待ち、という所ですね。

 

ゲームとしてはとっつきやすく面白い作品ではあるので、スマホ版の配信でさらに裾野が広がる事自体は良い事だと思いますので、何かしらの情報が出る事を祈るばかりです。

 

フォールガイズスマホ版まとめ

  1. 中国独占も未だリリース無し?開発難航なども理由の一つ
  2. 海賊版的ゲームには注意!遊ぶなら自己責任で
  3. 2023年6月頃にリリースと予想!公式からの情報待ち

ゲームとしての出来の良さなども含め、なんだかんだ話題となった作品だけにスマホ版のリリースなどが発表されればより盛り上がりそうですね。

ただまぁグラフィックはそこまででは無いにしろ、60人が同時にプレイというシステムを考えると難しい所もあるのではないかと思いますね。

スポンサーリンク