スポンサーリンク

オンラインで遊べるゲーム、オフラインで遊べるゲーム、ゲームと一口にいっても遊び方が様々なのは今に始まった事ではありません。

しかし、ゲームシリーズの途中からオンラインゲームになるといった変化がある場合もあれば、その逆もあるというのが面白い所。

今回は「オンラインゲーム」から「オフライン版」が発売される比較的珍しいケースとなった「ドラクエXオフライン」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラクエXオフラインとは?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

昨今のゲームでは「オンライン」という要素は切っても切り離せない、あるいはない方が珍しいという状態になっていますね。

しかし、それは比較的近年の話で、むしろオンラインがゲームのメインになるのは珍しい、という時代もあったわけです。

 

時には特定のゲームシリーズのナンバリングタイトルが「オンライン専用」のゲームとして発売される事で話題になった、という事もありました。

そんな話題になったタイトルといえば現在もサービスが続いている「ドラゴンクエストX」ですね、人気RPGシリーズのナンバリング10作目です。

 

こちらはそれまでのシリーズ作とは一転し、一人で遊ぶRPGゲームではなく不特定多数のプレイヤーと遊ぶ事が前提の「MMORPG」として発売されました。

そしてそんな「オンライン用RPG」だった「ドラゴンクエストX」が、今度はオンラインを介さない「オフライン用タイトル」として発売されるという珍しいケースが発生しています。

 

それが今回の記事の主題となる「ドラクエXオフライン」という事ですね、オンライン版から比べて変更されている部分も多いので解説していきます。

ゲームの内容としては現在バージョン6まで配信されているドラクエXの内DLC込でバージョン2までの内容がオフラインで遊べるという物です。

 

システム的にも変更が加えられており、オンライン版で変更された戦闘システムは、これまでのシリーズと同様の「ターン制コマンドバトル」になっています。

同時に移動を利用する事で攻撃を回避、といったオンラインRPGらしい操作は廃止されているため、従来シリーズと同じような遊び方ができるようになっています。

 

また地味に途中からボイスに対応し始めたオンライン版に対し、オフライン版は全てのイベントシーンでボイス収録されるなど豪華になっている部分もありますね。

装備やスキルについては「ドラクエ11」のスキルパネル形式や「ふしぎな鍛冶」が逆輸入される形となっているので、この辺りも一人用RPGとして調整されています。

 

オフライン版にしかない限定のエピソードなども盛り込まれる事が決まっているため、オンライン版を既に遊んでいる人にも遊ぶメリットはあると言えるでしょう。

バージョン2までの時点で一応ストーリーの区切りは付いているため、決して途中までしか遊べない、というわけでもないのでその辺りは安心して大丈夫です。

 

オフラインとオンラインで比較すると、プレイ時間やボリュームという点においてはオフライン版の方が流石に減りますが、それでも一般的なRPGと同等のボリュームはあります

むしろオンラインRPGにありがちなレベル上げに非常に時間が掛かるといった仕様などが少なくなっているため、手軽に遊べるようにもなっているという感じでしょう。

 

オンラインゲームであった事でプレイの機会を損失していた、という人も意外と多いと思いますので、ストーリーなどを純粋に楽しみたい人にもオススメとなっています。

通常版とデラックス版の違いは?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

さてさて、そんなオンラインゲームがオフライン版として新たに発売される、という何気に珍しい状態である「ドラクエXオフライン」ですが、複数のエディションが発売されます。

この違いなどについてもしっかりと解説していきますので、購入の際の参考にしていただければと思います。

 

「ドラクエXオフライン」には以下のようなエディションが存在しています。

■通常版


出典:https://www.dqx.jp/

特に特典などは存在せず、ゲーム本編のみを購入できる通常のものですね、パッケージ版及びDL版が存在し定価は8,580円(税込)となっています。

特典等に興味がなく、とりあえずゲームだけをプレイしたい、という人はこちらの購入を検討しても良いのではないかと思います。

 

■デラックス版


出典:https://www.dqx.jp/

こちらはゲーム本編に加えて、発売後に配信が予定されているDLC「眠れる勇者と導きの盟友」のダウンロードコードが付属しているエディションです。

それに加えてゲーム内でキャラクターの見た目を変えられる「ロト装備」といったゲーム内アイテムが特典として付属し、定価は12,980円(税込)

DLCは実質的にバージョン2がそのまま配信される形になっているので、そちらも既に遊ぶ予定があるのならこちらを選んで購入するのも良いでしょう。

 

■超デラックス版


出典:https://www.dqx.jp/

こちらは特定の公式サイト以外では購入できない、デラックス版の内容に加えて様々な特典が付属する豪華版です。

マグカップやスプーンといった現実でも使えるグッズの他、オンライン版のゲーム内アイテムも付属するなど既にドラクエXを遊んでいるファン向けという印象もありますね。

価格は15,730円(税込)となっており、特典の多さなどから最も高額な商品にもなっているので、購入の際には注意が必要であるとも言えるでしょう。

 

と、このような感じで一般的なゲームのエディションと似たような構成になっているので、普段からゲームを購入している人はそれほど困らないのではないかと思います。

ただし、通常版を購入する場合、後日配信のDLCは別途購入する必要性がありますので、その点については注意が必要となっています。

 

DLCについても配信時期はまだ確定しておらず、2023年春頃に配信を開始予定、となっているので購入の際にはこちらもよく考えておきましょう。

対応ハードはPS5・PS4・Nintendo Switch・Steamとなっており、Steam以外はパッケージ版とDL版の選択肢があるのも特徴です。

 

超デラックス版のみ、Steam版での取り扱いがないというのも注意が必要なポイントなので、自分がよくプレイする環境なども含めて検討してみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

買うならどっちがおすすめ?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

というわけで各エディションなどの紹介についても終わった所で、購入するならどれがおすすめなのか、という点についても紹介していきたいと思います。

とはいえあくまでここで紹介するおすすめについては、あくまで筆者の独断と偏見による物となるので、参考の一助程度に考えて頂ければと思います。

 

様々な点を考慮して、ドラクエXオフラインを購入するならおすすめなのは「デラックス版」ではないかと思います。

後々DLCが配信される事自体は確定しているわけですし、価格的な観点から考えるとあえて通常版を購入する意味は薄い、と言わざるを得ません。

 

DLCも込でバージョン2までの内容がオフラインで遊べる、と上で紹介しましたが、この辺りで一旦一区切り、という印象もあります。

ストーリーだけをとりあえず楽しみたい、という人であってもDLCまで遊ぶ事がある程度前提になっている、とも言えます。

 

なのであえて通常版を買ってDLCは配信されたら購入する、という方向で考えても良いかもしれませんが、値段的にはデラックス版の方が多少お得にはなると思います。

プラットフォームを跨いだクロスセーブなどには対応していませんが、PS4版からPS5版への無償アップグレードには対応するとの事。

 

筆者的にはPS4版かPS5版を、デラックス版で購入するのがオススメかなと思いますが、まぁこの辺りは好みなどでも変わるでしょう。

単純にゲームとしてのボリュームもそれなりにあり、プレイにある程度は時間が掛かる、という点も一応注意しなければいけない点ですね。

 

遊んでみて肌に合わなかった、ということになる可能性もないわけではありませんし、そうなるとデラックス版を折角購入してもDLCまで遊ばないという事もありえます

そうなってしまうとDLC分の金額は丸々損をしてしまう、という可能性もありますので、通常版を買ってから考えるというのも一つの手でしょう。

 

通常版を買うにしろデラックス版を買うにしろ、DLCの配信までは間が空く、という点も考慮にいれて検討するのが良いと思います。

あくまで筆者のオススメはお得なデラックス版、とはなりますがゲーム内容に違いが出るわけではないので、個人の好みで決めてしまって問題はないでしょう。

ドラクエXオフラインまとめ

  1. ドラクエXが一人用ゲームに!ストーリーはバージョン2まで!
  2. 各エディションは特典等違いアリ!DLC付属もあるので検討を!
  3. おすすめはデラックス版!DLC配信の時期も考慮に!

オンラインゲームである、という点からプレイを敬遠していたというドラクエユーザーの話も意外と聞きますし、オフライン版の発売は単純に嬉しいですね。

バージョン3以降などが順次発売されるのかなどはまだ不明ではありますが、今後に期待しつつオフライン版のストーリーを楽しんで見るのも良さそうです。

スポンサーリンク