いよいよ大作や人気作品の発売が目白押し、そんな3月に入りましたが、皆様お財布の準備は大丈夫ですか?

新生活やお引越し、というのが多いタイミングでもありますので、ゲームの購入計画も計画的に検討していきたい時期ですね。

今回は、中旬に発売が決まっている話題の新作「ディビジョン2」の限定版などについての情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ディビジョン2とは?前作も含めておさらい!


出典:https://twitter.com/Ubisoft

暦も3月に入り、期待のタイトルの発売日なども迫って来ていますので、今回もきっちりばっちり新作についての情報などをまとめていきたいと思います。

 

今回は、以前フリープレイにも配信されたTPS作品「ディビジョン」続編「ディビジョン2」についての情報をまとめて行きたいですね。

まずは、作品のおさらい・紹介として、前作と合わせて詳しく解説していきたいと思います、まずは、前作の詳細から始めていきましょう。

 

「ディビジョン」は、UBISOFTが開発したTPS作品で、成長要素などもあるためにRPG、として分類されているオンライン専用タイトルです。

実は「レインボーシックスシージ」や「ゴーストリコン」などと同じ「トム・クランシーシリーズ」のタイトルを冠した作品だったりします。

 

舞台となるのは2010年代のアメリカ天然痘をベースとしたウィルス兵器によるパンデミックが発生、ニューヨークは壊滅状態に。

わずかに生き残った人々も、決起した武装勢力は犯罪分子によって脅かされている、というまさに世紀末といった様相。

 

そんな中、こういった特殊な事態に備えて設立されたエージェント部隊「ディビジョン」の一人として、プレイヤーは戦いに身を投じる、というストーリー

ゲーム的には、オープンワールドで描かれた荒廃したニューヨークを探索しながら、各地で起きるミッションをクリアしていく、という内容。

 

オンラインゲームという事もあり、基本的には大人数によるマルチプレイが前提となってはいますが、ソロでもクリア可能なバランスに調整されています。

上でも書いたように、レベルアップやスキルといったRPG的な要素が盛り込まれており、それらによって行けるエリアに制限がかかる事も

TPSではあるのでもちろんエイムなどのプレイヤースキルも大事ですが、そういった部分だけではなく育成も大事、といったバランスですね。

 

続編となる「ディビジョン2」では、舞台がニューヨークからアメリカの首都「ワシントンDC」へと変更され、より激化した戦いが繰り広げられるようです。

どうやら完全続編、という事で、キャラクターそのものを引き継ぐ事はできない物の、やり込みによるリワードなどの引き継ぎ要素が存在する様子。

 

2をプレイする前に、前作のストーリーだけでもクリアしておくと、色々と楽しめる要素が増えるのではないかと思います。

 

各エディションの内容を解説!


出典:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com

さて、オープンβテストなども行われ、期待値の高まる「ディビジョン2」には、やはり恒例の様々なエディションが存在する事がわかっています。

もちろん、値段が一番安いのが解りきっている通常版で十分、という人も多いかもしれませんが、やはり詳しい内容は知っておくべきでしょう。

ディビジョン2には、以下のようなエディションが存在しますので、どれを購入するか、よく検討してみても良いのではないでしょうか。

 

■通常版


こちらはもちろんゲーム本編オンリー、特典等はつかないエディションですね、PS4・Xbox One・PCに対応しています。

PC以外はパッケージ版・DL版の2パターンが選択できますので、とりあえずソフトが欲しい、という人にオススメですね。

 

■ゴールドエディション


出典:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com

こちらは、ゲーム本編と、ゲーム発売後1年間に渡って配信される追加エピソードをダウンロード可能になる「YEAR1PASS」が付属。

こちらも通常版と同様にPS4及びXbox Oneではパッケージ・DL版の2パターンが選択可能なので、好きな方を選ぶと良いでしょう。

 

■アルティメットエディション


出典:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com

こちらは、ゴールドエディションの内容に加えて、更にデジタルコンテンツの特典が付属したエディションですね。

付属するデジタルコンテンツは以下の通り。

<エリートエージェントパック>
– アサルトライフル(エキゾチック)
– 限定スキルエフェクト
– 保管庫追加スペース

<バトルウォーンシークレットサービスパック>
– 「バトルウォーンシークレットサービス」コスチューム
– 「シークレットサービス」エモート
– 「シークレットサービス」武器スキン

<ファーストレスポンダーパック>
– 「ファーストレスポンダー」コスチューム
– 「ファーストレスポンダー」武器スキン

こちらにはパッケージ版が存在しないいわゆる「デジタルデラックス版」のような扱いになりますので、パッケージ版が欲しい人には注意が必要です。

 

■ダークゾーン・コレクターズエディション


出典:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com

こちらはUBISOFT公式ショップなどで購入可能な、特典満載のまさに「コレクター用」のエディションになっています。

ゴールドエディションの内容に加えて、以下のようなコンテンツが付属します。

<グッズ系特典>
・ダークゾーン限定版ボックス
・Ubi Collectibles製ヘザー・ウォード像 約30cm
・「アート・オブ・ディビジョン2」リトグラフブック
・ゲームサウンドトラックセレクション
・ワールドマップ

<デジタルコンテンツ>
・YEAR 1 PASS
・ゲームへの最大3日間のアーリーアクセス
・バトルウォーンシークレットサービスパック
・キャピトルディフェンダーパック

かなりな豪華版となっていますので、価格もかなり高め、しかしながらシリーズのファンやコレクターなら見逃せない内容です。

 

■フェニックスシールド・コレクターズエディション


出典:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com

こちらも、ゴールドエディションに加えて様々な特典の付属した豪華版ですね、内容は「ダークゾーン」の内容から一部変更した物になっています。

<グッズ系特典>
・フェニックスシールド限定版ボックス
・Ubi Collectibles製ブライアン・ジョンソン可動フィギュア1/6スケール
・限定スチールブック
・「アート・オブ・ディビジョン2」リトグラフブック
・ゲームサウンドトラックセレクション
・ワールドマップ

<デジタルコンテンツ>
・YEAR 1 PASS
・ゲームへの最大3日間のアーリーアクセス
・バトルウォーンシークレットサービスパック
・ファーストレスポンダーパック
・エリートエージェントパック
・キャピトルディフェンダーパッ

内容も値段も間違いなく最高、といった超豪華版、稼働日フィギュアも付属するなど、コレクターとしてはたまらない内容ですね。

こちらの「フェニックスシールド」及び「ダークゾーン」の2つに関しては、PS4かつパッケージ版のみの対応になっていますので、その点は注意。

 

と、このような感じで、多くのエディションが用意されていますので、購入の際にはよく検討するのが良いかと思います。

とりわけ、パッケージ版は「コレクター向き」でDL版は「ゲーマー向き」な特典内容といった感じになっているような印象ですね。

 

発売まではもう日があまりありませんので、どれを購入するかサッと決めて予約しないと品切れという可能性も大いにありそうです。

スポンサーリンク

 

購入するならどれがオススメ?


出典:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com

さて、この手の新作ソフトの紹介を行っている記事では恒例、筆者の独断と偏見によるオススメで記事を〆て行きたいと思います。

今回は特に、エディションの数が多く、どれを選ぶか迷ってしまう、という人も多そうなので、筆者の独断ではありますが参考にしてみてください。

 

ズバリ、今回の「ディビジョン2」を購入する際のオススメ

「アルティメット・エディション」ではないでしょうか。

コレクターであれば「ダークゾーン」などのエディションも候補だと思うのですが、いかんせん場所を取りそうなグッズがかなり収録されています。

 

その辺りが気にならない人はもちろん好きなように選んで既に予約しているのでは、と思いますので、今回はあえて「アルティメット」をオススメしておきます。

ダウンロード版以外が存在しないので、パッケージでどうしても買いたい、という人にはちょっとオススメし辛い部分もあるにはあります。

 

しかし、オンライン専用のゲームゆえ、やはり読み込みが多少でも減る可能性のある「DL版」は魅力的になるのではないかと思います。

付属する特典もいわゆるシーズンパスや、ゲーム内スキンなどに留められていますので、部屋の置き場が……と困る事もないでしょう。

 

値段的にも一番手の出しやすい限定版、といった感じになっていますので、通常版は微妙、と考える人にはこちらがオススメではないでしょうか。

もちろん、最終的には個人の好みで判断する所ですし「ダークゾーン」「フェニックスシールド」の二種類も非常に魅力的だと思います。

 

最終的には買って後悔しないよう、検討した上で予約するのが一番だとは思いますので、あくまで筆者のオススメも参考の一つと考えてくださいね。

何にせよ、発売まであと1週間と少し、前作を遊んでおさらいするかどうかも含めて、慎重かつ素早く検討していくのが良いと思います。

 

ディビジョン2まとめ

  1. RPG的要素もあるTPS!舞台はワシントンDCに!
  2. 各エディションに特典満載!パッケージ版オンリーなどに注意
  3. オススメは「アルティメット」!購入の際は慎重に検討しよう!

ここまで様々なエディションを用意されてしまうと、色々と目移りしてしまいますね、どれを選ぶかついつい悩んでしまいます。

コレクターズエディション系のグッズも非常に魅力的な内容になっていますので、買わずに後悔するよりは買って後悔するほうが良いような気もしますね。

スポンサーリンク