スポンサーリンク

最近では、ゲームに課金を行う、というのもごく普通の事として認知されているような気がします、それ自体は悪い事ではありませんね。

しかし、時に未成年のプレイヤーが親のクレジットカードを勝手に使って……といった問題が発生する事もあるのが悩みの種とも言えるでしょう。

今回はそんな悩みの種から新たに生年月日の入力が必要になってしまった「フォートナイト」と、未成年アカウントについての情報を纏めていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

フォートナイトに生年月日入力が必要に!


出典:https://www.epicgames.com/

ゲームという物が生まれて数十年、当然大人も子供もプレイするゲームというのは数多くありますが、基本プレイ無料のゲームは特に様々な年齢層のプレイヤーが居ます。

特に世界中、様々なプラットフォームで遊ばれている作品はその傾向が強く「フォートナイト」などはまさに老若男女に遊ばれているゲームと言えるでしょう。

 

そんなフォートナイトですが、先日のアップデートでログイン時に「生年月日」の入力が必要になる、という修正というか、機能追加が行われました。

これは様々な年齢層のプレイヤーがいる故に、特に低年齢層のプレイヤーに悪影響などが出ないようにするための措置ですね。

 

実際他のゲームでも、課金額の設定のためなどに、生年月日の入力を要求された、という経験がある人は多いのではないでしょうか。

フォートナイトではこれまでこの設定は存在していませんでしたが、先日アップデートされた際、新たに生年月日の入力を求められるようになりました。

 

これはアップデート後の初ログイン時の一度求められるだけで、以降毎回入力しなければいけない、というわけではありません。

詳しい内容などについては後で解説を挟むので、ここでは省きますが、この生年月日入力は簡単なように見えて重要です。

 

既に成人している人が生年月日を普通に入力し、入力間違いなどがない場合には問題ありませんが、未成年の人は注意が必要です。

様々な機能が制限される「機能制限アカウント」となってしまう場合があるので、未成年の人は当然として、既に成人している人も入力間違いには注意してください。

 

フォートナイトをプレイする際に、年齢制限自体は存在しません、あくまでゲーム的には15歳以上を推奨、という程度の区分けはされていますが。

しかしながら、より低年齢層のプレイヤーなども多く(今時子供がSwitchやスマホを持っているのも珍しくはないですし)ので、問題が発生しているのも事実。

 

フォートナイトを運営するEpic Gamesは、実際13歳未満のプレイヤーがプレイヤー間のトラブルに巻き込まれたり、高額な課金をしたりという所を指摘されています。

実際にこの辺りの問題を指摘された結果、裁判を起こされ実に700億円もの和解金を支払う事になった、というのもニュースになっています。

 

まぁ実際にオンライン上でゲームを遊ぶ際には、当然画面の向こうには他人が存在しているので、時にトラブルなどが発生する事もあります。

親御さんも気づかない間に高額の課金をしてしまっていた、なんていうニュースもなんだかんだで多いため、こういった生年月日の入力によるとりあえずの建前は必要、という所です。

 

まぁ何にせよ、こういった部分はまだまだ法律的にも未整備な部分も多いでしょうし、問題回避のために入力を要求されるのは仕方のない部分でもあります。

とりあえず今後もフォートナイトを遊んでいく上で、生年月日の入力に関しては必須となるので、間違えなどのないように注意しながら入力してくださいね。

 

未成年アカウントになるとどんな影響がある?


出典:https://www.epicgames.com/

さて、生年月日の入力という項目が増えた事により、フォートナイトをプレイする際のアカウントは「未成年アカウント」とそうでないアカウントに分けられる事になります。

 

「未成年アカウント」の方は「機能制限アカウント」とも呼ばれ、これまでフォートナイト内で出来ていた事ができなくなるといった制限が掛かる事もまぁ問題となっています。

実際に未成年である人は当然として、生年月日の入力を間違えてしまった、という人も以下のような制限を受ける事になるので注意が必要です。

 

■課金が不可
機能制限アカウントでは課金が不可能になります、フォートナイトでは比較的課金に関しての重要度は低いですが、スキンなどの購入も難しくなります。

まぁ実際に親のクレジットカードを勝手に使い、高額な請求が……というのも度々問題となっていたので、制限が掛かってしまうのは仕方のない部分ではあります。

 

■ボイスチャットがOFF
これはいわゆる未成年のプレイヤーが暴言など、トラブルに巻き込まれる事を防ぐための措置という所でしょうか

元々どんな設定でもデフォルトでボイスチャットがONになっている事も珍しくなかったため、これも年齢に関連しての制限としては妥当な所とも言えます。

 

■フレンドが全員削除される
これは仕様なのかバグなのか、いまいち判別がつかない所ではありますが、これまで登録していたフレンドがすべて削除されてしまうという問題もあります。

正確にはフレンドが全て「承認待ち」の状態に差し戻される、という感じなので、後から承認し直す事で元に戻す事は出来るようです。

 

■ID・ディスプレイネームが変更
生年月日を入力した際、未成年だと設定したIDやディスプレイネームが勝手に変更されてしまう、というのも確認されています。

いわゆる自動生成で付けられたIDやディスプレイネームに変更されてしまいますが、これも後で変更する事は可能です。

 

と、このような感じですね、概ねトラブル回避などの目的のため、機能制限アカウントになってしまった場合はこのような弊害・機能制限が発生します。

トラブル回避の名目もかなり含まれているので、仕方のない部分はある、としつつも制限はかなりキツめの物になっているのに注意が必要ですね。

 

とはいえ、入力間違いはさておき、生年月日を偽って登録する、というのも基本的には推奨されないのも事実です。

後々規約が変更され、年齢詐称がバレればアカウントBANといった措置を受ける可能性もゼロではありません。

 

何より、フォートナイトは現状世界大会なども開催されているので、今後この辺りはかなり厳しくなっていく可能性が高くなります。

そういった意味でも、年齢を詐称し登録する事はおすすめ出来かねるので、未成年の方も素直に入力するのがおすすめです。

 

この後に解説していきますが、機能制限アカウントになってしまったとしてもこれらの機能制限を解除する方法はありますので、その辺りは安心して大丈夫です。

スポンサーリンク

 

制限を解除するにはどうすればいい?


出典:https://www.epicgames.com/

さてさて、未成年として認証してしまうと、機能制限アカウントになってしまうという方式に変更された「フォートナイト」ですが、解除はどうすればいいのかを解説していきます。

 

ただ、結論から書くと、一定のプロセスを踏む事で機能制限自体は解除できますが、登録した生年月日などの入力し直しはできません。

なので、再三に渡って書きますが、入力間違いには十分に注意した上で、生年月日を入力するようにしてください。

 

未成年アカウントとして機能が制限されてしまった場合は、「ペアレンタルコントロール」から設定を変更する事で制限を解除する事ができます。

ただし、これを変更するには親からの承諾、親が使っているメールアドレスなどが必要になるため、未成年の方はしっかりご両親と相談した上で承諾してもらってくださいね。

 

「ペアレンタルコントロール」では、以下のような手順で設定を変更する事ができます。

1.フォートナイトのメニューから「ペアコントロールを設定」を選択
2.保護者のメールアドレスを入力
3.PCかスマホ側で保護者のメールアドレスに届いたメールを確認
4.メール内の「Continue」をクリックorタップ
5.Epic Gamesのページに飛ぶので、利用規約を確認し「同意する」を押す
6.Epicでサインインするという画面が出るので「お子様のEpicでサインインする」を有効に
7.チャット設定を「全体」「フレンドとチームメイト」「フレンドのみ」「なし」の中から設定
8.レーティング設定を行う(フォートナイトはPG12以上のためそれ以上に設定)
9.「顔のスキャン」「クレジットカード」「本人確認書類のコピー」のいずれかで年齢確認する
10.設定終了後、メールアドレスに「PINコード」が届く
11.フォートナイト側のペアレンタルコントロール画面に戻る
12.先程届いたPINコードを入力する事で設定が変更できるようになる

と、このような感じの流れですね、未成年の方はご両親に頼んで手続きを、間違えて入力してしまったという人は別のメールアドレスなどを利用して行うと良いでしょう。

 

またEpicIDやディスプレイネームが変更されてしまった、という人は、上の手続きを行った上でEpicのマイページから設定変更を行う事で元に戻すことも可能です。

ただし、ディスプレイネームのみ、変更は2週間に1回という制限が掛かっているので注意が必要、という所でしょうか。

 

このような感じで手続きを進めれば、掛かってしまった機能制限も全て解除可能ですので、未成年の方はしっかりご両親に了解を取るなどしてから手続きを行ってください。

間違っても勝手に手続きをする、というような事は後々のトラブルを避けるためにもやめた方が良いと筆者は思います。

 

ここで書いた手続きをしてもあくまで機能制限アカウントである、という所自体は変わらない、というのも一つ注意点になるかもしれませんね。

まぁ何にせよ、ゲームをプレイする上で運営が定めたルールである以上仕方のない事ではありますが、少々面倒な手続きであるのも事実。

 

未成年者以外は入力間違いなどをしないように気をつける必要がある、というのは今後フォートナイト及びEpic Games運営のゲームをプレイする上で注意が必要になりそうです。

 

フォートナイト未成年アカまとめ

  1. 生年月日の入力が必須に!トラブル回避などのため?
  2. 機能制限はかなりキツめ!入力間違いなどにも注意
  3. 手続きで機能制限は解除可能!ご両親の承諾を得てから

このような形でゲームに制限がかかる、というのもなんだかなと筆者も思ってしまう反面、小さな頃からゲームに触れられる機会が増えた世代には仕方のない事なのかもしれません。

実際、オンラインゲームを通じてトラブルに巻き込まれた、というような事件もあるわけですし、この辺りに関してはある程度慎重な運用が必要なのは事実ですね。

スポンサーリンク