早いもので2018年も早くも一ヶ月が経過、2月に入ってそろそろ年明け、という感覚も薄くなってきたのではないでしょうか。

ゲーム的には、2月は新作ラッシュ第一弾!といった感じで、様々な注目を集めたタイトルが発売する月、といった印象になっています。

今回は、そんな新作の中から、シリーズ作品でありながらまったく違うシステムの搭載に踏み切った「真・三國無双8」についての情報を纏めていきたいと思います。

 

真・三國無双8 とは?


出典:https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/

まずは記事の主題となる「真・三國無双8」の紹介からスタートしていこうと思いますが、その前にシリーズについての紹介もしておきましょう。

 

例えプレイはした事がなくとも、ゲームユーザーであれば「無双系」といったような単語を、会話や情報の中で目にした、耳にした事があるのではないでしょうか。

無双系、とはコーエーから発売されている「三國無双」「戦国無双」シリーズに代表される「大量の敵を一人のプレイヤーキャラが倒していく」ゲームの事を指す場合が多いです。

 

本家本元は勿論、コーエー内の制作チームオメガフォース」が制作したシリーズが該当する作品で、中には他作品とコラボした作品もあります。

しかしながら、その爽快感あるゲーム性は人気があり、オメガフォースが関わっていない場合でも似たゲームが発売される事も多くある意味一つのジャンルとして確立しています。

 

本家本元の「三國無双」シリーズは、三国志の世界を舞台に、名だたる武将を操作し、一騎当千の活躍をプレイヤーが再現する爽快感から、人気のシリーズですね。

時には、本来の歴史では死亡している武将天下を取る、といったいわゆる「if」的なストーリーが展開される事もあり、この部分もまた人気の一つではないかなと思います。

 

そんな中で、先日の記事でも紹介しましたが、本家本元の「三國無双」シリーズから、最新作「真・三國無双8」の発売が迫ってきました。

大量の敵を一人のプレイヤーが倒す、というゲームの方向性は基本的に共通している物の 真・三國無双8のゲーム性これまでと大分変わっています

 

これまでは「ミッションを選択」し「ミッション毎に設定されたフィールド」を「駆け巡って敵を倒していく」というシステムが、長い事共通していました。

今回の「8」では、そのミッション選択形式が撤廃されフィールドはオープンワールド形式に変更された、というのがファンとしても驚きの発表だったのではないでしょうか。

 

中国大陸を再現した広大なオープンワールド型のマップを駆け巡り、各地で起こっている「戦」に参加していく、といった形になる様子。

また、オープンワールド系のゲームらしく、選んだプレイヤーキャラクター毎にシナリオが用意されており、任務をこなしていく事で進行していく、との事。

 

登場キャラクターが非常に多いことでも有名なシリーズですし、この辺りのシナリオを見るだけでもかなりのボリュームが用意されていると予想できますね。

 

オンライン要素・二人プレイはある?


出典:https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/

さて、これまで無双シリーズの作品を遊んだ事のある人は、恐らく誰もが経験しているのではないか、と思いますが協力プレイも楽しい作品ですよね。

大体の作品では画面を上下二分割の状態で、同じマップを攻略、といった体を取っていたシリーズですが(一部違うのもありますが)今回はどうなるのか気になる所

 

しかしながら、今回の「真・三國無双8」では、現時点までの発表を見る限り、恐らくマルチプレイは実装されていないのではない可能性が高いと思われます。

発売まではそう日がありませんし、ここまでで公開された情報に「二人以上でのプレイ」については特に言及されていない、というのが根拠です。

 

まぁ、上で紹介したオープンワールド型のフィールドで、二人以上のプレイヤーが好き勝手にプレイできる、という方式はちょっと考えづらい、というのもあります。

あるとすれば、任務攻略中のお手伝いをしてもらえる、とかそういった「局所的に手伝いをしてもらえる」程度の内容に留まるのではないか、と思います。

 

オンライン要素に関しても、これまでのシリーズを振り返ってみても、あまり要素としては重要視されていないシリーズなので、あるとしてもそこまで多くはなさそうです。

恐らく、予定されているのは「追加キャラクター」「追加シナリオ」といったDLCに関係する事がほとんどではないか、と予想できるかと思います。

 

オンラインに接続していないと楽しめない要素、つまり他プレイヤーとの対戦や協力プレイ、といった要素は多分なさそう、といった所ですね。

制作サイドへのインタビューでも「協力プレイ」「対戦」といった要素については未定、と発言しているのも確認できますし、現時点ではなさそうです。

 

2/5追記

画面を分割して協力プレイする機能は実装されていない

とのことです。

オンライン要素に関しても、ここまで追及されていないことから未実装だと思われます。

 

スポンサーリンク

 

一人プレイでも楽しめる要素が満載!


出典:https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/

オンライン要素や協力プレイは無さそう、と上で書いたわけですが、ゲームとしては1人用でもかなり遊べそうな要素が満載になっているように思います。

 

まず、フィールドの広さ、これはオープンワールド型のゲーム好んでプレイする人にとってはかなり重要ですが、中国大陸を舞台にするだけあってかなりの広さです。

前作に当たる「7」のフィールドを全て足した面積と比べて、大体100倍前後は余裕である、というとんでもない広さになっているようです。

 

上述したストーリーはキャラクターによって長さが違う、との事ですが、真・三國無双8の登場キャラクター数は80名を超えている、と考えるとこれもすごい数

正直、一人でじっくり遊ぶ、という方向性のゲームになったと考えても、ストーリー攻略だけでもかなりの時間を要しそう、むしろそういったゲームが好きな人はたまらないですね。

 

また、オープンワールド故に、ストーリーを進めるだけではなく、いわゆる「寄り道」が多いのも特徴で、これまでの無双にはなかったアイテム開発といった要素もあります。

各地にはプレイヤーが隠れ家にする事ができる家」を購入するといった事もできるようなので、やり込み要素はむしろこれまでの作品以上、という印象です。

 

また、街の中ではプレイヤーキャラクター以外の武将が、普段の衣装とは違ういわゆる「平服」の姿で登場、交流する、といったシステムもある様子

また、これまでの作品では条件を達成してしまえばあっさりミッションクリア、といった形でしたが、今回は結構戦略的に行動する事も重要になるとの事。

 

仮にオンライン要素などが用意されていないとしても一人プレイでじっくりと腰を据えて遊べる要素がもたっぷり盛り込まれているようなので、安心して遊べそうです。

 

真・三國無双8 まとめ

  1. 今作はオープンワールド!「無双」シリーズの新境地
  2. オンライン要素や協力プレイは望み薄?今後の発表に期待
  3. これまでの作品とは違うやり込み要素一人プレイでも熱中できそう

シリーズとしてはかなり長く息の続いている作品だけに、こういった大きなシステム変更はファンとしても期待半分不安半分、といったところではないでしょうか。

しかしながら、現時点で公開されている情報だけでも、かなりのボリュームを期待できるので、じっくりと腰を据えて遊べるゲームとして期待できそうです。