まだまだ続く残暑や台風など、過ごし辛い気候に頭を悩ませている人も多いと思いますが、暗い気分はゲームで吹き飛ばしたい物

そんな中、情報公開当時から期待を寄せられていた新作ソフト「スパイダーマン」が発売されましたが、人気沸騰で売り切れも続出

今回は、そんなPS4版「スパイダーマン」のおさらいや、人気の秘密になっているであろう内容・魅力について詳しく解説していきたいと思います。

 

PS4スパイダーマンが大人気!


出典:https://www.jp.playstation.com

当ブログでも何度か紹介した、PS4用タイトル「スパイダーマン」が、先日発売されましたが、発売以降かなり話題を呼んでいます。

今回はその人気の秘密と思われる要素などについて解説していきたいと思いますが、その前にゲームについてのおさらいをしていきましょう。

 

PS4版「スパイダーマン」は、実写映画化やアニメ化もされている人気のアメコミ作品「スパイダーマン」を題材としたアクションゲームです。

これまでにも何度かゲーム作品への出演などはありますが、単独のタイトルとしてのゲーム発売はかなり久しぶりですね。

 

ゲームの内容としては、オープンワールド形式で描画されたニューヨークの街を舞台に、スパイダーマンを操作して事件を解決していくアクションゲーム

 

オープンワールドだけに自由度は高く、メインストーリーを進める以外にも、街中でランダムに発生する事件を解決したり、依頼を受けたりする事も可能

これらのミッションなどをクリアしていく毎に経験値が入手でき、レベルアップすると、様々な効果のあるスキルを習得できるといったRPG的要素もあります。

 

スパイダーマンといえば、やはり手首の辺りから糸を射出し、街中をスイング移動したり、悪役を絡め取ったりといったアクションが定番

今作ではそれだけではなく、肉弾戦は勿論コスチュームに設定されたスキルで、ゲームならではのアクションを行う事も可能になっています。

 

ゲームのメインストーリーは、既に主人公ピーターがスパイダーマンとして活躍して数年が経過している、という設定の元で進行。

実写映画や原作とはまた違う立ち位置お馴染みのキャラクターが登場する、といったオリジナル展開なのも面白い所ではないでしょうか。

 

用意されたコスチュームも、ゲームを進める事で作成する事が出来、原作に登場したスーツや、ゲームオリジナル、実写映画イメージと幅広く用意されています。

中には「お前もうスパイダーマンじゃねぇな?」ツッコみたくなるような物まで用意されているので、このコスチュームを集めるだけでもかなり楽しめると思います。

 

今回はこの作品が人気絶頂となっている理由や、ゲームの魅力的な部分についてしっかり解説していきますので、購入の参考にしてみてくださいね。

 

高評価の理由は?魅力を徹底解説!


出典:https://www.jp.playstation.com

さて、人気がある、とは言われつつも、やはり原作はアメコミ、という事でゲーム化の機会はそれなりに有りつつも、ここまで高評価になる事は珍しいですね。

各店舗などで売り切れも続出するほど人気を獲得したPS4版「スパイダーマン」には、人気を裏付けるだけの内容がたくさん詰まっています

 

というわけで、今回はその人気の秘密となっているであろう部分について、筆者の主観なども交えつつ解説していきたいと思います。

この作品の人気の秘密は、以下のような部分があげられるのではないでしょうか。

 

■グラフィックや演出の出来の良さ
コレまでに紹介した記事中でも何度か触れているように、非常に綺麗なグラフィックで描かれるニューヨークを飛び回るオープンワールドゲームです。

このニューヨークの街の再現度、というよりは「説得力」が非常に高く、高層ビル群は勿論、ちょっと寂れたスラム街などの雰囲気もバッチリ

また、ゲーム中に随時差し込まれるムービーの出来は勿論、戦闘中の特殊演出といった部分も非常に滑らかに繋がっていて魅力的です。

映画さながらの演出やムービーシーンなどは、プレイしていて思わずのめり込んでしまう、魅力に溢れていると言えるのではないでしょうか。

 

■システム面における細かな配慮
グラフィックは勿論なのですが、アクションゲームとしての操作性やシステム面など、細かな所にまで配慮が行き届いているのも大きなポイントです。

例えば、上でも書いた特殊演出やムービー中に差し込まれる、いわゆるQTEは、設定でオフに出来、煩わしい操作を全てオートでやってくれます。

また、オープンワールド系のゲームは、その広いフィールドと自由度がウリですが、場合によっては移動している時間でダレてしまう事も

PS4版「スパイダーマン」では、ファストトラベルは勿論、スピード感のある移動方法が用意されていて、移動の手間も煩わしく感じない点も評価点の一つです。

 

■アクションゲームとしての出来の良さ
上記で書いた「移動時のストレスフリー」という点も含まれる話ではあるのですが、アクションゲームとして非常に出来が良い、というのも高評価ポイントです。

スーツの改造やスキルの取得といった要素で広がっていくアクションが、基本的に難しい操作ナシでスタイリッシュに決まるのが爽快です。

一方で、戦闘の難易度自体はそこまで低くなく、ただぼんやり攻撃ボタンを押しているだけではクリアできない程度にはバランスが取られています。

しかし、用意されたシステムやスキルなどを駆使していけば、実写映画さながらのスタイリッシュなアクションでバリバリ敵を倒せるというのが魅力ではないでしょうか。

 

■その他の「原作」を大事にした演出
アクション部分でも触れていますが、とにかくこの作品は、演出面が非常に優れている、というのも大きな魅力の一つだと思います。

スパイダーマンのキャラクター性は「親愛なる隣人」と言われるように、良くも悪くも現実的で、超然としたヒーローではない、という所が魅力。

それをしっかり表現するように、街中を歩いていればファンに話しかけられたり、逆に良く思わない人の声が聞こえてきたりと非常にリアルです。

こういった、戦闘やストーリー以外の部分でも、原作を意識してしっかりと作り込まれた演出が、作品の魅力をもり立てているのではないでしょうか。

 

と、筆者が感じた魅力の数々を大まかにまとめて見ましたが、こんな感じで非常に魅力的で面白いゲームに仕上がっていると思います。

またスパイダーマンは、数あるアメコミの中でも何度も実写映画化しており、日本での認知度もかなり高め、というのも関係しているかもしれませんね。

 

昨今のゲーム、しかも原作ありきの作品で売り切れが続出する、というのは驚きの部分もありますが、プレイしてみれば納得できる内容です。

スポンサーリンク

 

PS4スパイダーマンはプレイすべき?


出典:https://www.jp.playstation.com

E3でのプレイムービーの公開時などから、期待の新作として注目を集めていたPS4版「スパイダーマン」ですが、作品としての出来も上々です。

 

ツイッターなどでもかなり話題になっている所を見て、気になっている、あるいは買おうかどうしようか迷っている、なんて人もいるのではないでしょうか。

そんな人達の参考になれば、という考えの元で上記のプレイした所感をまとめてみましたが、ズバリいってPS4版スパイダーマンはオススメの作品です

 

上で紹介した魅力の部分を読んでみてピンときた人は勿論ですが、筆者的には下記の要素に一つでも魅力を感じるなら買うのもありだと思います。

・アクションゲームが好き
・スパイダーマンが好き
・オープンワールドゲームが好き

と、こんな感じでどれか一つの部分でも当てはまる人であれば、かなり楽しめる作品になっていると筆者は思いました。

 

上でも書いたように、QTEのカットといったオプションが細かく設定できるようになっているので、自分の好みに合わせてプレイできるのも魅力です。

勿論、どのゲームを買うか、買ったゲームが楽しめるか否か、という点については個人の感覚に大分変わってくるとは思います。

 

まして、このゲームのためにPS4を買うかどうか、まで来ると完全に個人の感覚で決めるべき所なので、そこまでは筆者も言いません。

ただ、PS4を既に所持している、という人であれば、このソフトを遊ばずにスルーするのは少々もったいない、とも思いますので、購入を検討しても良いと思います。

 

筆者も遊んだ上で言いますが、アクションゲームとして、オープンワールド型のゲームとして非常に遊びやすく出来の良い作品と断言できます。

原作となっているスパイダーマンについて詳しければより楽しめるのは事実ですが、知らなくても十分ゲームとして楽しめる内容になっています。

 

買って損はせずたっぷり楽しめるゲームになっていると思いますので、ちょっと迷っている、程度ならば思い切って購入に踏み切ってもいいのではないでしょうか。

 

PS4スパイダーマンまとめ

  1. ニューヨークを飛び回る快感!人気アメコミ原作ゲーム
  2. システムや演出など魅力が満載動かしているだけで楽しい作品!
  3. PS4を持っているなら超オススメ!買わないのは勿体ない一本

発売前から期待値自体は高い作品でしたが、ここまで人気で話題になる作品になったのは、筆者的にも少々予想外でした。

しかしながら、その内容自体は人気や話題性の高さにも頷ける内容となっていますので、PS4を所持しているなら買わないのは損だと思います。