段々と気温も下がって涼しくなってきましたが、気温差で体調を崩したりはしていませんか?部屋にこもるのもほどほどに

そんな事を注意しつつ、やはり新作の発売日などが決まったら部屋に籠りがちになってしまうのがゲーマーの性というもの

今回は、新たに発売日が発表され、ゲーマーなら見逃せない最新作コール オブ デューティ ブラックオプス 4」についての情報などを纏めて行きたいと思います。

スポンサーリンク

 

CoD:BO4とは?


出典:https://www.jp.playstation.com

まず、記事のタイトルにもあるように、今回の記事の内容は、新たに発売日などが発表され人気シリーズの最新作について

ですので、まずは作品の詳しい内容についての紹介から始めていきたいと思いますので、知っている人も興味を持った人もお付き合いください。

 

今回紹介するタイトル「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」は略して「CoD:BO4」つまり「CoD」シリーズの最新作です。

これまでにも「CoD」シリーズでは、いわゆるメインタイトルの一つとして「ブラックオプス」シリーズを発売しており、今回はその最新作というわけですね。

 

最新の装備に身を包んで危険な任務に挑む特殊部隊「ブラックオプス」の隊員として戦う、という「CoD」の中でも人気のある作品シリーズです。

最新作となる「4」では、これまでの作品とは打って変わって、昨今のFPSの流行りでもある「マルチプレイ」に特化した作品に変化

 

残念ながら、これまでのシリーズでも人気だったシングルプレイキャンペーンは廃止され、ゲームの内容はマルチプレイ及び「ゾンビモード(Co-op)」がメイン

その他、この作品から新たに追加されたモード「BLACKOUT」モードが追加、こちらはいわゆる「バトルロイヤル」を楽しむ新モードとなっています。

 

既に公開されているトレイラーなどからもわかりますが、システム面などに調整は加えられつつも「CoDらしさ」はしっかりと残っています

純粋にこれまでのシリーズの集大成、といえる内容になっているとも言える作品だと思いますので、ファンとしては発売が待ち遠しいばかりです。

 

一方で、これまでのシリーズ作品には触れたことがない、という人も、この作品シリーズは基本的に独立した内容になっているので十分楽しめるのではないでしょうか。

ついに発売日も発表、全世界同時発売となっており、その日付は10月12日残り二週間と少し、といった感じになっています。

 

ここからは、作品の限定版についての内容などにも触れていきますので、興味を持った人は予約なども検討してみてはいかがでしょう。

 

通常版とデラックス版の違いを解説!


出典:https://www.jp.playstation.com

さて、作品の紹介が終わった所で、今回はこの手の作品の恒例行事である「デラックス版」などについての情報を纏めて行きたいと思います。

 

今回の「CoD:BO4」に関しては、いわゆる洋ゲー、海外の作品という事もあり、パッケージ版における商品ラインナップはそこまで充実していません

それも踏まえた上での紹介になりますが、今回発売される「CoD:BO4」のラインナップは、通常版を含め三種類となっています。

 

以下のような各エディションがありますので、予約などをする前にチェックしてみてください。

■通常版


こちらは当然ながら、ゲームソフト本編のみ、という内容の通常版ですね……と言いたい所ではありますが、ちょっとした特典はついています。

パッケージ版及びダウンロード版二種類が存在し、パッケージ版が用意されているのはこの通常版のみなので注意が必要。

付属している特典はダウンロード版・パッケージ版で違い、以下のようになっています。

・パッケージ版
早期購入特典としてゲーム内で使える「Call of Duty ポイント」が「1,100ポイント」付属

・ダウンロード版
パッケージ版同様のポイントが「1,100ポイント」付属、予約購入特典として前作「CoD:BO3」で使用できる追加マップ「Back in Black」が付属

また、同じく予約購入特典として、PS4用のオリジナルテーマも付属、その他DL版限定のボーナスアイテムも付属との事。

 

■デジタルデラックス版
こちらはダウンロード版の内容に加えて、更に様々な特典のついたエディション、「Back in Black」の付属、ボーナスアイテムは同様で以下のような追加特典アリ。

・付属するCall of Duty ポイントが2,400ポイントに増加
・デジタルデラックスボーナスアイテム
・ブラックオプスパス(シーズンパス

とこのような内容ですね、シーズンパスはいつものDLCなどをダウンロードできるようになる、という物なのでお得ですね。

 

■デジタルデラックス改
こちらは、上のデジタルデラックスと内容はほぼ同様、唯一違う部分は、ゲーム内ポイント「Call of Duty ポイント」が8,400ポイントと大幅にアップ

それ以外の部分ではデジタルデラックス版との差異はありませんので、このポイントの多さに魅力を感じるかどうかが肝、といった所ですね。

 

このように、3種類のエディションが用意されていますが、パッケージ版は実質的に1種類のみ、という事になります。

パッケージ版派の人にとってはちょっと困ったラインナップといえますが、シーズンパスに関しては別途購入する事は可能

 

ちなみに、気になるブラックオプスパスの内容に関しては、以下のようになっています。

・ゾンビマップ「極秘」(発売からプレイ可能)
・ゾンビマップ4種類
・マルチプレイヤーマップ12種類
・BLACKOUTキャラクター4人

これらが配信開始と同時に利用可能になる、という点についてはシーズンパスの魅力ですし、DLCを単体で購入していくよりはオトクな値段になるはずです。

 

特典部分に関してもゲームに関した内容の物が基本的に多いので、どれを購入しても「やっぱこの特典いらないな……」とはならないと思います

今のうちにどのエディションを予約、あるいは購入するのかなど、あらかじめ決めておくとスムーズにプレイを開始できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

買うならどちらがオススメ?


出典:https://www.jp.playstation.com

さて、ここまで作品の内容や、各エディションの違いについて説明してきましたが、そろそろ記事の〆に入りたいと思います。

とはいえ、今回はあえて作品紹介などに補足する部分はないので、恒例の「どのエディションがオススメか」という私見で纏めて行きたいと思います。

 

結論から言えば、筆者的なオススメは「デジタルデラックス版」か「デジタルデラックス改」のどちらかではないか、と思います。

やはりパッケージ版においての特典の少なさは少々気になる所ですので、普段はパッケージ派の筆者今回はDL版をオススメしておきます。

 

どちらの方が良いか、という点に関しては完全にお好み、といった所ですね、差異がポイントの額のみなので、どちらが良いか、といった所。

逆に言えば、そこ以外では違いがないので、Call of Duty ポイントの額は気にならない、興味がない、という人は「デジタルデラックス」がイチオシかもしれません。

 

逆に、シーズンパス等に興味がなく、このシリーズに触れるのはこの作品が最初!という人に関しては、通常版の方が良いかもしれません。

どちらにせよ、DLCを適用する、といった「ゲームを長く遊ぶ」という前提がついた人向けの特典となっているのは否めない所だと思います。

 

これまでにシリーズを長く遊んできた、今回も勿論予約する!という人はデジタルデラックスのどちらか、そうでない人は通常版がオススメといった感じ。

勿論、最終的にどちらを予約・購入するかはその人のお好みで、といった感じですので、良く考えてから予約などを検討してみましょう。

 

発売日は繰り返しになりますが、全世界で2018年10月12日気がついたら発売日を過ぎていた、なんて事にならないように注意しておきましょう。

 

CoD:BO4 まとめ

  1. 人気シリーズ「ブラックオプス第4弾!マルチプレイに特化!
  2. 特典満載の限定版アリ!パッケージ版は通常版のみなので注意!
  3. オススメはデジタルデラックスのどちらか!ポイント差で選ぶ!

つい先日も紹介した「WW2」が発売したのがつい先日、のように感じますが、シリーズの展開が早いのはファン的には嬉しい所ですね。

今作に関してはパッケージ版は微妙に魅力薄、といった感じの内容になっていますので、特典を重視するならDL版がメインになりそうです。

スポンサーリンク