もうじき、あるいは既に夏休みに突入した、という学生の方々は多いと思います、社会人でも盆休みがある、という人も多いでしょう。

長い休みといえば出かける以外にも、ゲームを思う存分楽しめるタイミングでもありますが、そんな中で品薄が続いているニンテンドースイッチ

今回は、そんなニンテンドースイッチの品薄が続いてしまっている理由などを調査・考察していきたいと思います。

スイッチが品薄な理由は?


出典:https://www.photo-ac.com

さて、3月の発売からはや4ヶ月が経過し、期待の新作「スプラトゥーン2」なども発売され、人気も沸騰中の「ニンテンドースイッチ

しかしながら、商品自体が品薄な状況が続いており、中々思うように入手できずに困っている、というユーザーは多いと思います。

 

これだけ人気にも関わらず、品薄・品切れが続いてしまうというこの状況、イライラしている人も少なくないと思います。

様々な事情や理由などがあると推測できますが、やはり大きな理由の一つとしては、再三に渡り書いている事でもあるのですが「転売」という問題が浮上します。

 

昨今ではネットを利用した買い物が非常に容易になった事もあり、転売対象になりそうな商品の仕入れが楽になったという背景もありますね。

発売から4ヶ月も経っていて、それでもネット注文は開始から10分保てば良い方、というのはまず確実にこうした転売目的の購入が後を絶たない、というのもあります。

 

勿論、品薄が続いてしまっている、というこの状況はそれだけと言い切る事は出来ません、単純に「生産数」が追いついていない、というのもあるでしょう。

実際、ニンテンドースイッチがここまで爆発的な人気を獲得する、という状況は意外といえば意外だった、というのが任天堂側の正直な所ではないでしょうか。

 

一部からはいわゆる品薄商法、つまり「商品の出荷を絞り、品薄になるほど人気の商品と装う」といった意見もあります。

しかしながら、大量の転売品が様々なオークションなどにも出されている事を考えると、これは任天堂側の意図する所ではないでしょう。

 

また仮に品薄商法を任天堂側が意図しているのであれば、公式サイトで正式に「品薄について」の謝罪文を載せるような事はないと思います。

ゲームハードに限らず、爆発的な人気が出た商品は、生産が追いつかず品薄になる、という事は頻繁ではありませんが少なくもありません。

 

生産が追いつかない転売によってネットショップ系がのきなみ荒らされている、といった複数の要素がやはり品薄に拍車を掛けているのだと推測できます。

部品が足りないという話も?


出典:https://www.photo-ac.com

さて「品薄の理由」から続いた話題になってしまいますが、ニンテンドースイッチ使われている一部の部品に問題がある、という意見もあります。

 

iPhoneなどに代表される、Apple系の製品に使われている内部部品と、ニンテンドースイッチの部品共通している、という話です。

あくまで噂、というレベルな気もするのですが、スマートフォンゲームハードといった電子機器の部品が共通している、というのはおかしな話ではありません。

機械の中身、部品の隅々まで各メーカーが製造しているわけではありませんからね。

 

ついでに言ってしまえば、人気のスイッチも当然ですが、全世界で使われているiPhoneなど、電子機器部品の需要は全世界にあります。

そういった所から部品の取り合いになってしまい、生産体制に遅れが出る、というのは比較的信憑性のある話ではないかと思います。

 

ただでさえ電子機器部品というのは世界中で様々な物に使われるので、どこかでこういった「部品不足」が起こるのはある意味仕方のない話です。

こればかりは生産したくても生産できない、という状態なので、任天堂側を責めるわけにはいかない、といった所でしょうか。

 

良くも悪くも、全世界の人々の生活に電子機器、特にスマートフォンやゲームハードが普及した弊害かもしれません。

スポンサーリンク

在庫不足はいつまで続くのか?


出典:https://www.photo-ac.com/

さて、現在も続く在庫不足、いつになったら安定して入手できるようになるか、と言うと非常に難しい問題です。

 

生産が追いついていない、転売、部品が足りないかも、といった原因はここまでにも書いてきましたが、どれも即座には解決するのが難しい問題です。

生産数の確保に関しては、任天堂側が発表している通りですが、部品が足りないというのが本当であれば予定通りにはならなそうですね。

 

増産計画が上手くいくのであれば年内にはこの品薄も落ち着きそうな物ですが、予定通りにいかないとなればまた話は別。

部品の確保が難しく増産計画も予定通りにいかない、となれば年明け以降までこの品薄が続く可能性もあるでしょう。

 

欲しい人が中々手に入れられない、という状況は早い内に何とかしたい、というのは恐らく任天堂側としても同じだと思います。

転売目的で買われた所でソフトの購入に繋がらない以上、任天堂側としても収益が望めなくなるわけですからね。

 

しかし、在庫不足も事実である反面、一部の地域では普通にゲームショップに在庫が残っていたりする、という状況も発生している様子。

やはりこの辺りは都心部や大都市など、人口の集まる場所では在庫不足が起きやすい、という事なのではとも思います。

 

一番の解決策は安定した供給が行われる事ではありますが、転売目的の標的にされやすいネットショップ頼りなのもどうか、とも思います。

やはり地道な情報収集や、ゲームショップなどの店頭を巡ってみる、といった事が結局の所一番の近道なのではないかと思います。

 

任天堂の発表した増産計画上手くいく事を祈りつつ、こまめな情報収集なども怠らないようにしていきましょう。

スイッチ品薄まとめ

  1. 品薄は任天堂側も不本意な状態では?
  2. 部品不足も品薄になった理由の一つ?
  3. 在庫が潤沢に増えるのは年明け以降

同じ任天堂のハードであるWii Uが、あまり奮わず早い内に生産終了になってしまった背景を見ると、任天堂の目算が甘かったというのもありそうですね。

即座に入手できないのは腹立たしくもあると思いますが、増産体制の整備などにも相応の時間は掛かるので、気長に待ちましょう。