シリーズ作品という物は、人気があればあるほど、続編を望む声が大きくなる物ですが、定期的にその続編が発売される、とは限りません。

中には、数年以上も期間があいて、ようやく新作が発売される、というシリーズもあるので、シリーズファンの中にはやきもきしている人も多いと思います。

今回は、そんなシリーズ作品の中から、前回の記事に引き続き「どうぶつの森」について新作の予想や、情報を纏めていきたいと思います。

どうぶつの森これまでのシリーズをおさらい!


出典:https://www.amazon.co.jp

さて、スマホアプリ版の情報が公開された「どうぶつの森」シリーズ、シリーズの累計販売本数1000万本をゆうに超える大ヒットシリーズですね。

 

前回の記事では「スマホアプリ版」についての情報をまとめましたが、今回は開発中という噂が流れている「ニンテンドースイッチ版」についての予想・考察をまとめていきます。

その前に、まずはおさらいとして「どうぶつの森」シリーズについて纏める所からスタートしていきたいと思います。

 

どうぶつの森」はNINTENDO64用ソフトとして、2001年4月に発売された、どうぶつたちとのコミュニケーションやスローライフを楽しむゲームです。

まったくの新規タイトルとして発売されながらも、かなりの人気を獲得し、発売当時は女性週刊誌でも特集が組まれるなど、普段ゲームをプレイしない層にもヒットした作品です。

 

中でも、DS・3DSで発売された作品は、それぞれとんでもない本数の売上を記録しており、このソフトのためだけにDS・3DSを購入したという人も多いのではと思うほどです。

そのため「DS」などの携帯機の印象が強い作品となっている物の、最初は据置機で発売されたゲームだった、というのは意外と知らない人もいるかもしれません。

 

数はそこまで多くはない物の、シリーズ作品がいくつか発売されており、各タイトルは以下のようになっています。

・どうぶつの森 2001年4月14日 NIN64
・どうぶつの森+ 2001年12月14日 GC
・どうぶつの森e+ 2003年6月27日 GC
・おいでよ どうぶつの森 2005年11月23日 DS
・街へいこうよ どうぶつの森 2008年11月20日 Wii
・とびだせ どうぶつの森 2012年11月8日 3DS
・とびだせ どうぶつの森 amiibo+ 2016年11月23日 3DS

と、このような感じのラインナップになっています、この他にも「どうぶつの森」を題材として使用したスピンオフなどもありますが、今回は割愛。

 

こうしてみると、結構間があいて発売された作品も多く、シリーズ誕生から年数は結構経っている物の、作品数自体はあまり多くありません

この辺りに関しては、ゲーム自体に「エンディング」と呼べる物が基本的になく、遊ぼうと思えば長く遊び続けられる、という作風も影響しているかもしれませんね。

 

amiibo+は実質的にはバージョンアップ版、といった印象のタイトルなので、実質的には最後に出た作品は2012年の「とびだせ どうぶつの森」になります。

この事を考えると、もうじき丸5年新作が発売されていない、という状態になるので、そろそろ新作の発表があってもおかしくない頃ですね。

 

シリーズをこれまで遊んできたファンとしても、そろそろ新しい「どうぶつたち」との新しいコミュニケーションに飢えてきている頃ではないでしょうか。

スイッチ版は発売するか?予想とその根拠は?


出典:https://www.nintendo.co.jp/

さて、スマホアプリ版の正式な配信時期が決まり、シリーズをこれまで遊んでいた人は盛り上がっている物と思われますが、気になるのは新作の発売ですね。

 

実際、正式に公式サイトなどで発表されたわけではありませんが「ニンテンドースイッチ」での「どうぶつの森」は現在開発中、という情報も見受けられます。

現時点で特に情報公開などされていない事を考えると、流石に今年中に発売、という事はまずないでしょう、というか現実的に考えてありえないと思います。

 

年末頃ぐらいには何か情報などが出る可能性、というのはありえると思いますが、まずはスマホアプリ版の正式リリースが落ち着いてから、といった状態ではないでしょうか。

上のおさらいで上げたように、コンシューマゲームとしての「どうぶつの森」は2012年「3DS」での発売が最後になっています。

 

実に4年以上新作タイトルが発売されていない、という事を考えると「ニンテンドースイッチ版」の発売はほぼ内定しているのでは、と予想できます。

今となっては生産終了、という形になってしまった「Wii U」で開発していたのでは、という噂もまことしやかに流れていた事ですし、ほぼ間違いないのではないでしょうか。

 

何より、ニンテンドースイッチは「据置」と「携帯機」のどちらの要素も持ち合わせたゲームハードですので「どうぶつの森」との相性は抜群と言っても良いと思います。

まだ公式からの情報待ち、という段階を出ない状態ではありますが、ニンテンドースイッチが好評な昨今、どうぶつの森新作の発売も期待していいのではないでしょうか。

 

できれば、それまでにはいつでも安定してスイッチを購入できるような状況が整っている、というのを祈るばかりですね。

スポンサーリンク

スマホ版との連携もあるか?


出典:https://twitter.com/pokemori_jp

さて、あくまで噂レベルの話だったように思いますが「スイッチ版どうぶつの森」では「スマホ版」との連携もある、という情報も流れていますね。

 

実際、コンシューマハードとスマホアプリの連携、というのはあまり見られないので「どうぶつの森」がそれに手をだす、というのは大きな魅力の一つになりそうです。

技術的な話をすると、現在任天堂の配信しているスマホアプリ「ファイアーエムブレムヒーローズ」では、マイニンテンドーポイントとの連携なども行われています。

 

また「スプラトゥーン」ではスマホとニンテンドースイッチを連動する事でより便利に遊べるようになる「イカリング」というアプリが用意されていますね。

この事を考えると、任天堂は自社の独自ポイントなどを積極的に用意しているので、コンシューマーゲームとスマホアプリの連携も容易なのでは、と思えます。

 

既にいくつか前例が出ている事から、スマホとスイッチの連動機能に関しては、任天堂側もかなり積極的な姿勢を取っている、という印象もあります。

この事を考えると、スマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と何らかの形で連携できる、というのは期待しても良いのではないでしょうか。

 

連携があると仮定した場合、どういった要素が盛り込まれるか、といえばやはり「ポケットキャンプ」側で遊びに来る「どうぶつたち」が増える、というのはあると思います。

逆に「ポケットキャンプ」の方のゲーム進行度に合わせて「スイッチ版どうぶつの森」にも「ポケットキャンプ」の住人が遊びにくるようになる、とかもありそうですね。

 

連携している時にだけ特別に登場するどうぶつがいる、あるいは特別な季節イベントが見られるようになる、などかなり色々な想像ができるのではないでしょうか。

あくまで、情報が解禁される前だからこそ好き勝手に想像できて楽しい、とも言えますが、何にせよスマホアプリ版との連携は遊び方などにも幅が広がりそうです。

どうぶつの森スイッチ版予想まとめ

  1. どうぶつの森最後の作品は2012年!そろそろ新作が?
  2. ニンテンドースイッチ版は開発中との噂情報発表も間近
  3. スマホアプリとの連携は可能性大!遊び方に幅が広がりそう!

前回に引き続いてのどうぶつの森でしたが、スマホアプリ版の正式リリースが終われば、改めてスイッチ版の発表もあるかもしれません。

何かと期待の掛かる一作ですが、シリーズの面白さは保証されているので、是非スイッチでも遊べるタイトルが発売される事を祈りたいものですね。