少し前に行われたゲームの一大イベント、E3で発表された作品や新作の情報が、新たに出始める時期になってきましたね。

中にはもう少しすれば発売、と発表から意外とすんなり発売日が決まった作品などもあるので、この時期は情報にも敏感になります。

今回は、そんな中から人気シリーズ期待の新作Fallout 76」についての情報や、予想などをまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

最新作発表!Falloutシリーズをおさらい!


出典:https://store.steampowered.com

洋ゲーファンなら誰もが待ち望んでいた最新作Fallout 76」の発売日が遂に発表され、ファンはもう感無量かテンション最高潮といった所でしょうか。

今回の記事ではその最新作「Fallout 76」に合わせて、まずは「Falloutシリーズのおさらいからスタートしていきたいと思います。

 

Fallout」は、Interplay及びベセスダ・ソフトワークスが発売した、RPGシリーズで、初作の発売は1997年、実に20年もの歴史を持つシリーズとなっています。

主に22世紀から23世紀の時期を舞台に、核戦争の後に汚染されてしまった世界で冒険をする、というのがシリーズを通してほぼ共通した世界観ですね。

 

現実にもあった歴史をなぞった所から、オリジナルの歴史が紡がれている、というストーリーなので下手なSF作品などよりはとっつきやすい所もあるかも。

核戦争後の終末感や、昔懐かしいいわゆる「レトロフューチャー」な雰囲気などは1988年に発売した「Wasteland」に影響を受けているとも言われています。

 

これまでに複数のタイトルが発売されており、以下のようになっています。

・Fallout (PC/1997年発売)
・Fallout 2 (PC/1998年発売)
・Fallout Tactics: Brotherhood of Steel (PC/2001年発売)
・Fallout: Brotherhood of Steel (PS2・Xbox/2004年発売)
・Fallout 3 (PC・PS3・Xbox 360/2008年発売)
・Fallout: New Vegas (PS3・Xbox 360/2010年発売)
・Fallout 4 (PC・PS4・Xbox One/2015年発売)

と、このような感じでナンバリングタイトルやスピンオフタイトルが発売されています、この中でも日本国内で有名なのは「3」と「4」辺りでしょうか。

 

コレ以外にも、開発に着手しながらも残念ながら計画が頓挫してしまった作品なども複数あるのですが、今回は割愛。

特に3以降は、オープンワールド型のゲームとしても非常に評価が高く退廃的な世界を自由に冒険できる自由度の高さから人気を集めています。

 

ここに、最新作として「Fallout 76」が新たに名前を連ねる事になるわけですが、現在発表されている発売日2018年11月14日発売予定

ここから延期される可能性もないとは言い切れない所ですが、思っていたよりも早かったという印象ではないかと思います。

 

発売するハードはPC、及びPS4、Xbox Oneと発表されていますので、遊びやすいハードでプレイするのが良さそうです。

今回は記事中で「Fallout 76」の現在判明している情報なども纏めていきますので、是非一緒にご覧になってみてくださいね。

 

Fallout76はオフラインプレイ不可?


出典:https://fallout.bethesda.net/

さて、発売日が決まり期待が高まる「Fallout76」ですが、今回はタイトルからも分かる通りナンバリングタイトルではなく、どちらかといえばスピンオフといえる作品です。

ストーリー的には、これまでに「Fallout」シリーズで描かれてきた、荒廃しきってしまった世界、ではなく荒廃が始まった直後、くらいの年代が舞台となる模様。

 

作品的にはこれまでのシリーズの「前日譚となる、という辺りはファンとしてはかなり気になる内容になっているのではないでしょうか。

また、今作は開発者のインタビューから「オンライン専用」のタイトルになる、という事が明言されていて、オフラインでのプレイは予定されていないとの事。

 

これまでのシリーズと比べてみても、オンラインによるマルチプレイを主軸とした作品はシリーズ初の試みとなっているのが「Fallout76」の特徴でしょうか。

しかしながら、「3」及び「4」で評価が高かったのは自由度の高さと「プレイヤー自身のロールプレイ」という部分だと思います。

 

これまでの作品でも印象的だったNPCとのやりとりなどもなくなる、という点については少々不安が残る所もありますね。

ただ、あくまでゲームの仕様的に「オンライン専用」というだけであって、マルチプレイを必ずしなければいけない、というわけではないようです。

 

E3カンファレンスのステージ発表では「ソロプレイもアリ」という発表がありましたので、擬似的にシングルプレイを行う事は可能という事でしょう。

ですので、どうしても「一人で遊びたい」場合には、他プレイヤーとのマッチング等を待たずに遊ぶ、という事も出来るのではないかと思います。

 

新要素として、これまで特定の場所でしか行えなかった建築要素が、好きな場所で好きな時に行える「C.A.M.P.」が発表。

これにより、プレイヤーの居住地はマップのどこにでも配置する事ができ、そこを襲撃してくるクリーチャーとの攻防などもメイン要素となる様子。

 

これまでのシリーズとは変わっている所はありつつも、新しい要素にもかなり期待が出来ると思いますので、期待して発売日を待ちたいところですね。

 

スポンサーリンク

 

オンライン要素はどうなる?発売前予想!


出典:https://fallout.bethesda.net/

現在公開されているプレイトレイラーでは、他プレイヤーとのエモーションやスタンプによるコミュニケーションなどが確認できます。

基本的には、他プレイヤーと協力してクリーチャーを討伐し、拠点を制作し、荒廃したマップを探索していく、というのが主な流れのようですね。

 

これを見るに、基本的にはマルチによる協力プレイが主な要素のようですが、しっかりPvPモードも搭載されている模様。

このいわゆるPvPでは、敵の建設した基地を占拠するといった目的が主になるようなので、普通のプレイ中に乱入される、というような形になるのかもしれませんね。

 

上でも書いた「どこでも建設して住居を作れる」のに対して、住居を襲撃してくるのはクリーチャーだけでなく他のプレイヤーも、という感じなのかも。

元々のゲーム性がいわゆるFPSの形を取っているので、オンライン要素は一般的な物に留められるのではないか、と予想します。

 

例えば、特定のプレイヤーといわゆる「ギルド」に相当するチームを組むチーム同士で同盟を組むといった要素はあるのではと思います。

その他にあるとすれば、他プレイヤーとの武器や素材といったアイテムの売買などでしょうか、これは意外とありそうだと思います。

 

主になるゲームモード以外で、オンラインを介した対戦やその他のゲームモードが用意されている、というのはちょっと考えづらいでしょうか。

逆に言うと、現時点で判明している情報から追加される物がない限りは、オンライン要素として目新しい物はないとも考えられますね。

 

筆者的にはそこまでガチガチに目新しい要素を盛り込まなくてもFalloutシリーズのゲーム性なら問題ないとも思います。

発売後にも、数年に渡ってアップデートや追加を行うというのはこのシリーズとしては最早伝統になっていますし、現時点で予定がある様子

 

新たなゲームモードの実装なども含めて、オンラインで遊べる機能への追加なども期待できるのではないかと思います。

発売日は2018年11月14日、残す所あと4ヶ月弱となっていますので、今から続報も含めて期待して待機することにしましょう。

Fallout 76まとめ

  1. 荒廃した世界を冒険!20年の歴史を持つRPG!
  2. 76」はオフライン不可!でもソロプレイは可能
  3. 協力・対戦、オンライン要素は一般的な物のみ

シリーズにおける前日譚を描く、というのは珍しくありませんが、Fallout的にはようやくきたか、といった印象になりますね。

オンライン専用という点がどういう方向に転ぶかはわかりませんが、作品としての期待値は依然として高いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク