ここ数年は9月終わりまでバカみたいに暑い、という残暑が続いていましたが、何やら今年は涼しくなるのが早いですね。

ゲーム三昧になりそうな9月には過ごしやすくなっていそうなのでありがたい限りですので、皆様気候の変化に身体を慣らしておきましょう。

今回は、9月に正式配信日が決定した任天堂のスマホアプリ「マリオカートツアー」についての情報や予想について纏めていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

マリオカートツアーとは?


出典:https://mariokarttour.com/ja-JP

少し前に、このシリーズの新作はどうなるか、という予想記事を立てた「マリオカート」シリーズ、皆様も未だ「8DX」を楽しんでいる人も多いのではと思います。

その予想記事を書いた時点でも、実は既に話題としては持ち上がっていた物を今回は取り上げていきたいと思います。

 

今回の主題は「マリオカートツアー」ですね、スーパーマリオランやドクターマリオワールドに続くスマホで遊べるマリオシリーズ作品です。

コレまでのマリオシリーズのスマホアプリ同様、基本的に片手で遊べるような設計をされている、というのも特徴の一つと言えるでしょう。

 

ですので、本家マリオカートシリーズほど細かい操作及びテクニックまでは要求されないのではないか、というのが筆者の私見。

この「マリオカートツアー」の最大の特徴は、現実の世界にある都市をモチーフにしたステージなども新たに登場する、という所でしょうか。

 

世界各国の都市を回ってレースする、という内容からタイトルに「ツアー」とつけられたのでしょう、おなじみのステージもちゃんとあるようです。

勿論、これはスマホゲーとしては当然ですが、他のユーザーとの対戦要素もありますし、自らのスコアを高めていくという要素もあり。

 

マリオカートをスマホゲーとして落とし込みつつ、ゲーム的に重要な要素はキッチリ残っている、といった印象ですね。

グラフィック的には、パッと見た限りでは概ねマリオカートシリーズ最新作である「8デラックス」とほぼ同様のクォリティ

 

昨今のスマホの性能は普通にPC並になっているので、今更言うことでもないかもしれませんが、普通にキレイで驚きますね

登場キャラなども、トレーラームービーなどを見る限りでは、基本的に8デラックスに準拠したキャラクターが登場する物と思われます。

 

DLCでの登場だったインクリングやリンクなど、外部作品からの出演キャラクターは現状では出ていないのかな?という感じですね。

Android及びiOSでプレイ可能なスマホ用タイトル、という事で発表されていた今作、正式配信日は9月25日、とこの度無事決定したようです。

 

その正式配信を前にして、現在事前登録が開始されているので、楽しみにしていた方は今の内に登録しておくと良いかも。

残念ながら、現状事前登録していた事によるサービス、キャンペーンなどはどうやらないようなので、単純に予約といった感じになるかもしれません。

 

このアプリのプレイには、スマホ以外にニンテンドーアカウントも必要になりますので、今のうちに準備などを済ませておくと良いでしょう。

横画面でのプレイは不可能?


出典:https://mariokarttour.com/ja-JP

さて、マリオカート、といえば恐らく最もユーザーがとっつきやすい、いわゆる「レースゲーム」に分類される作品だと思います。

 

操作は簡単ながらも奥深く、アイテムの要素でゲーム性も高い、という作品だけに、このシリーズからレーシング系作品に入った人も多いと思います。

そんな作品がスマホアプリとして配信されれば、やはり興味を持つ人も多いと思うのですが、ここでゲーム的に気になる部分が。

 

現時点で公開されているムービーや、ゲーム画面のスクリーンショットでは、全て「縦画面」での表示になっています

やはりマリオカート、というかレースゲームといえば、専用のハンドル型コントローラーなどの存在もあり、基本的に両手でプレイする物という印象。

 

そんな中で、横画面の表示はないのか?と疑問に思ってしまうのはまぁ、当然といえば当然の反応といえるのでは、と思います。

これは実際にスマホアプリが配信されてみない事には確定した情報、とは言えないのですが恐らく「マリオカートツアー」では横画面表示はないと思われます。

 

というのも、これまでマリオシリーズ関連に限らず、任天堂が配信している「スマホゲーム」では基本的に縦画面での表示が基本。

恐らく「片手で保持して指一本で遊べる」というスマホ操作の体勢とゲーム性を合致させて、気軽に遊べるようにしよう、という目論見があるのでは、と思います。

 

確かにスーパーマリオランといい、ドクターマリオワールドといい、基本的に片手一本、親指一本で操作ができて遊べる、というポイントが共通しています。

実際に遊びやすいかどうか、という部分に関しては個人のクセなども関わってくるとは思いますが、恐らく任天堂のスマホアプリの不文律となっているのだと思います。

 

この事から、正式配信前、という事で確定ではありませんが、恐らく横画面でのプレイは今回の「マリオカートツアー」でもできない、と思われます。

ゲームの表示自体は、縦画面に最適化されているので、よほど遊びづらい、という事もないのではないかな、とは思います。

 

どちらにせよ、コントローラーを使用して操作するわけではない「スマホアプリ」という事で、操作感自体はコンシューマとは全く違います

横画面があろうとなかろうと、結局操作の仕方などはある程度覚え直しになる、というのは避けられませんので、そこまで気にしなくても問題ないかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

課金要素・新要素はどうなる?


出典:https://mariokarttour.com/ja-JP

さて、今回の主題である「マリオカートツアー」は、スマホアプリでの新作タイトル、という事で新要素なども盛り込まれています。

 

「フィーバー」と呼ばれる新要素で、マリオカートおなじみのアイテムルーレットで「同じアイテムを3つ揃える」という条件で発生。

一定時間無敵になる上に、アイテムを使い放題になる、というシステムが搭載されています、どの程度の確率で発動出来るかは不明です。

 

とはいえ、こういったアイテムを使った駆け引きというのもマリオカートの醍醐味の一つ、こういった豪快なシステムも面白そうですね。

新システムについては恐らくこのぐらい、新しいシステムを搭載するにしても限度という物もありますし、他にあるとしても微々たる物でしょう。

 

また、今回はスマホアプリ、という事で、恐らく誰もが気になっているのは「課金要素」ですね、今回は買い切り型のアプリではない様子。

いわゆる「基本無料」「一部有料アイテム有り」というタイプですので、この課金要素がどうなるのか、という予想を立てて行きたいと思います。

 

とはいえ、マリオカートというゲームを考えるに、課金要素は分かりやすく使用できる「キャラクター」がガチャ方式、とかそんな感じだと思います。

公式サイトに存在するスクリーンショットでも、キャラクターのグラフィックに「RARE」と表示されている画像が確認できます。

 

恐らく、キャラクターにレアリティが設定されている事から、ガチャのようなシステムが搭載されているのはほぼ間違いないと見ていいでしょう。

このガチャから登場するのがキャラクターだけではない、と仮定するのであれば、恐らくゲーム中で使用するマシンなどもここに入ると思われます。

 

コレに関しては、スマホゲーではある意味オーソドックスではありますので、仕方のない部分ですし、どの程度キャラクターが登場するのかなども気になります。

8デラックスが恐らく下地になっている、という事から、もしかしたら期間限定ガチャ、といった具合インクリングやリンクといった外部作品のキャラも登場するかも

 

この辺りは、実際に配信が開始されてからの確認になってしまう、という部分もありますが、そこまで的外れではないのかも、と思います。

あくまで予想ですので、実際には違った、という事があっても筆者は責任は負いかねますが、新しく任天堂のキャラクターが登場する、といった所も期待したいですね。

 

何にせよ、ガチャ要素がある、となれば、恐らくキャラクターの性能などにも多少は関係してくるのでは、という不安も多少はありますね。

まぁ、レース系の作品という事で、プレイヤーのテクニックも大事ではないかと思いますので、この辺りはあまり気にしすぎないのも大事かもしれません。

 

マリオカートツアーまとめ

  1. マリオカートがスマホアプリに!世界各国の都市でレース!
  2. 横画面操作は恐らくなし!片手一本親指一本で操作が濃厚!
  3. 課金要素は恐らくガチャ!キャラクターやマシンが入手可能?

昨今のスマホゲームは大掛かり過ぎて手軽さがかなり薄れている、という部分が多いですが任天堂のスマホゲーはその辺りよくわかっていると思います。

より手軽に楽しめるマリオカート、と考えれば楽しめる要素はかなり多いのではないかと思いますので、事前登録してみるのもアリではないでしょうか。

スポンサーリンク