続々と新作ソフトが発表され、新ハードとしての人気を確立している「ニンテンドースイッチ」に、ついにあの「ドラゴンクエスト」の新作が!

恐らく一定以上の年齢のゲームユーザーで、このシリーズに触れた事がない、という人はかなり稀なのではないか、と思います。

今回は、PS4・3DSだけではなく、スイッチでの発売も決定され盛り上がる「ドラゴンクエスト11」についての情報を調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラゴンクエストとは

まずは、シリーズのおさらいから行きましょう、今から30年前1986年」に初作「ドラゴンクエスト」が発売され大ヒット、日本のRPGの元祖になったと言っても過言ではありません。

以降、外伝作品やメディアミックスなども含め、数多くの作品を世に出し、2014年時点累計出荷本数はなんと6400万本を記録しています。

 

これまでに発売されたナンバリングタイトルは以下のようになっていて

・ドラゴンクエスト (FC、1986年5月27日)
・ドラゴンクエストII 悪霊の神々 (FC、1987年1月26日)
・ドラゴンクエストIII そして伝説へ… (FC、1988年2月10日)
・ドラゴンクエストIV 導かれし者たち (FC、1990年2月11日)
・ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (SFC、1992年9月27日)
・ドラゴンクエストVI 幻の大地 (SFC、1995年12月9日)
・ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち (PS、2000年8月26日)
・ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 (PS2、2004年11月27日)
・ドラゴンクエストIX 星空の守り人 (DS、2009年7月11日)
・ドラゴンクエストX オンライン (Wii、Wii U、PC:2012年8月2日)

一部の作品は携帯機などでリメイクスマホで配信もされていますので、どれか一作ぐらいには触れた事がある、という人が大半なのではないかと思います。

 

ここに新たに名前を連ねる事になる新作「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」は実に5年ぶりのナンバリングタイトルとなります。

前作である「ドラクエ10」がオンラインゲームだったという都合上、オフラインゲームとしては「ドラクエ9」以来の何と8年ぶりになるのが驚きですね。

元々新作の発売にはそれなりに時間のかかるシリーズではありますが、新ハードに移行しての発売という事もあり、期待感は高まっているのではないでしょうか。

 

PS4・3DS・スイッチ、ハードの違いは?

PS4」「3DS」「ニンテンドースイッチ」の3つのハードに対応している、という事で、気になる点としては「ハードごとの違い」という所ですよね。

ドラクエ11」のかなり特徴的な所として、単に画質を落とした物をそのまま、というわけではなくPS4・3DSでのグラフィックが全て一新されている、という点が挙げられます。

 

PS4版では、高性能なグラフィック機能を利用して、美麗なフィールドを駆け回る、一種の「オープンワールド」のような臨場感を楽しめます

 

一方、3DS版では、3Dポリゴンの画面と、2Dドットの画面、両方を楽しめるという面白い試みがされている事で話題になりました。

 

また「ソフト購入時の値段」ですが、公式サイトでは「PS4版:8,980円+税」「3DS版:5,980円+税」となっていますので、価格にも結構差がありますね。

 

また、ハード容量やシステムの違いから、PS4・3DSでは以下のような違いがあります。

・PS4版:「ぼうけんのしょ」が9箇所・オートセーブ機能有
・3DS版:「ぼうけんのしょ」が4箇所・中断セーブ機能有

セーブ容量が多いPS4版では複数のセーブを作って「おきのどくですが」という恐怖の文字を回避するのにも使えそうです、今のご時勢ではそう起きない気がしますが(笑)

 

オートセーブ機能・中断セーブ機能、どちらもあると便利な機能ですので、どちらのハードを選んでもプレイ中に不便さを感じる事はなさそうですね。

ニンテンドースイッチ版がどのようになるかは分かりませんが、恐らく持ち歩きの事も考えると3DS寄り?の機能が搭載されるのではないかと考えられます。

 

もしかしたら、据置モードでは「PS4版」の画面が、携帯機モードでは「3DSの2Dドット版」の画面が、なんて遊び方が出来るのではとちょっと期待してしまいますね。

腰を据えてじっくりなPS4版」か「持ち歩けて手軽に遊べる3DS版」か「両方を気分で選べるスイッチ版」か、なんて感じになるのではないでしょうか。

 

どのハードで遊ぶにせよ、最終的にはユーザーの好みやお財布と相談、という形になると思いますし、発売まではまだ日があるのでじっくりと考えてみるのも良さそうです。

 

スポンサーリンク

スイッチ版ドラクエ11の発売日は?

さて、気になるドラクエ11の発売日は2017年7月29日である事が、先日行われた発表会で発表されましたね。

本来は「ドラクエ30周年」の「2017年5月27日」までに発売したかったようですが、残念ながら間に合わなかったようです。

 

まだ公式から正式に発表されているわけではありませんが、発表会では「ニンテンドースイッチ版」の発売日に関してのアナウンスがありませんでした。

ですので、残念ではありますが「ニンテンドースイッチ版」はPS4・3DSより遅れて発売する、という形になりそうです。

 

PS4・3DS版の発売日が発表されている予定通り7月29日になるとしたら、スイッチ版は2ヶ月程度は遅れるのではないかと思います。

どんなに遅くても2017年内には発売しないとハードを分ける意味もなくなってしまいそうなので、遅くとも秋頃には発売するのではないかなと思います。

 

発表されている7月29日まではまだ三ヶ月以上の間が空いていますので、もしかしたら「PS4・3DS・スイッチ」同時発売!なんて事もありえるかもしれませんね。

この辺りは所詮予想なので、公式でのアナウンスを気長に待つのが良さそうですね。

 

ドラクエ11 スイッチ版まとめ

  1. オフラインでは実に8年ぶりの新作!
  2. PS4・3DSではグラフィックにも大きな違い
  3. スイッチ版は秋頃予想?もしかしたら同時発売も?

ナンバリングのドラクエが発表されるたびに盛り上がるのはある意味恒例行事になっている気がしますが、今回は特に、という感じですね!

新ハードへの以降や、ハードごとの違いが大きい事などで盛り上がる要素が多いのは楽しくて良いですね、スイッチ版の詳細も早く発表して欲しいところです。

スポンサーリンク