スポンサーリンク

カレンダー上の暦も11月間近、すっかり冷え込んで冬の足音が聞こえてきた地域も多いのではないかと思います。

こういう時期になってくると、流石に外に出てレジャー、というのはまぁスキーなどを楽しむ人以外は減ってくるものですね。

今回はそんな寒い冬にじっくりと遊びたいRPG系作品から「ペルソナ5ザ・ロイヤル リマスター版」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ペルソナ5ザ・ロイヤルとは?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

ゲームというものが一つの趣味として認知されるようになってもう長いですが、そのおかげもあってリマスター・リメイクという物が極普通になっていますね。

特に、ゲームハードの終盤に発売されたゲームなどは、次世代ゲームハード用にリマスター、移植などがされる事が多くなってきました。

 

今回そんなリマスター作品で話題として取り上げたいのは先日10月21日に発売された「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」のリマスター版です。

以前もこの作品の発売時に当ブログで記事に取り上げた事はありますが、今回はまず「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」という作品について改めておさらいしていきます。

 

「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」は、ATLUSから発売されている人気RPGシリーズ「ペルソナ」シリーズのナンバリングタイトル5作目

主人公たちペルソナ使いは、今回は「心の怪盗団」として、歪んだ欲望に心を支配された悪人からオタカラを盗み出し改心させる、というストーリーになっています。

 

副題にある「ザ・ロイヤル」のタイトルから分かる通り、いくつかの追加要素などが追加されたいわゆる完全版となっています。

原作となる「ペルソナ5」から比べて、空白期間となっていた3学期目の追加、新キャラクターの追加などがメインコンテンツとして押し出されています。

 

それだけを聞くとDLCなどで良かったのでは、という声も発売当初は結構上がりましたが、実際にはゲーム本編内も無印に比べて調整されています

地味に演出が強化・追加されていたり、本編ほとんどのテキストが修正、それに伴ってボイスの撮り直しなども行われているのが特徴。

 

こちらのPS4などで発売された「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」の発売は2019年10月31日となっており、原作ペルソナ5は2016年9月15日発売

そして、その「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」をPS5などの次世代ハード用にリマスターして発売したのが、今回のリマスター版、という事になります。

 

こうしてみると概ねキッチリ3年のスパンで発売されているのが面白い所ですが、逆に言えばペルソナ5の発売から既に6年が経過している事に驚いています(笑)

とはいえ、逆に言えば発売から既に6年が経過している事を考えれば、次世代機ハード向けのリマスターが行われるのはそれほど不思議ではないとも言えますね。

 

今回のリマスターは基本的にPS5版がメインとなるわけですが、元々PS5にはPS4との互換性があるため、PS4版を所持している人はそのまま遊ぶ事ができます

どちらかといえば、PS4版などを持っておらず、あるいはPS5がディスクレスのデジタル版を購入している場合など用、という感じの位置づけのタイトルです。

 

既にPS4版などで「ザ・ロイヤル」を遊んだことのある人にとってはちょっと微妙なリマスター版ですが、プレイした事がない、という人にはおすすめです。

まだプレイをした事がない人で、PS5を所持している人は今からでもリマスター版を購入して遊んでみるのもアリではないでしょうか。

リマスター版と無印版の違いは?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

さてさて、ここまで改めて「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」についてのおさらいを進めてきましたが、今度はリマスター版での違いなどについて解説していきたいと思います。

とりあえず最前提として、これはかなり重要なポイントなので前置きしておきますが「リマスター版」というのはあくまでPS5などに最適化しただけの物です。

 

つまり元々の「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」から、更に新たな追加要素などはなくあくまで画質やfpsなどを強化した物、という位置づけです。

最大の違いとしては、これまで発売されていた「ザ・ロイヤル」とは違い、ニンテンドースイッチなどの他ハード向けにも発売されている、という点が一つ。

 

そして、これまでに配信されたDLC、衣装やペルソナの追加などを含めた全40種のコンテンツが最初から導入された状態のコンプリート版、と言えるものになっています。

特にPS5版やSteamにおけるリマスター版は、画質が向上している事、60fpsが出るようになった、というような所が大きな違いでしょうか。

 

ただまぁ元々PS4で発売されたゲームですし、グラフィックもリアル調ではなくアニメ調の作品なので画質自体はそれほど大きく変わったようには感じないと思います。

60fpsに関してはまぁPS5やSteamでプレイする際に、より滑らかに動いているように見える、程度でキレイには見えますがやはりそれほど違いがあるというレベルでもありません。

 

元々が近年に発売されたタイトルである、という事からも、やはり今回は元々PS4版を遊んだ事がない人、いわゆるご新規さん向け、という感じですね。

既にPS4版「ザ・ロイヤル」を遊んでいた人にとっては言い方は悪くなりますが、無用の長物ではないかな、と思います。

 

ちなみにPS4版に関してはPS5版でも起動する事を確認していますが、PS5への無償アップグレードなどはないので注意が必要です。

無印「ペルソナ5」は遊んだことがある、が「ザ・ロイヤル」に関しては遊んだことがない、という人ならおすすめできる内容だと思います。

 

もしくは、これまでPS系のハードを所持しておらず、遊ぶ機会がなかったという人向けの発売という印象のリマスター版になっています。

既に遊んだ事がある人で、改めてリマスター版を購入して遊んでみる、というのは相当コアなファンだけではないでしょうか(笑)

 

とまぁそんな感じなので、まだ遊んだことがない人にはおすすめですが、既にプレイした人はスルーしてしまっても良いタイトルではないかなと思います。

スポンサーリンク

今から買うなら無印版とどちらがおすすめ?


出典:https://store-jp.nintendo.com/

さてさて、無印から追加要素が特にあるわけではなく、あくまで画質等のアップグレードに留まっている「リマスター版」

これから購入を考えている人に向けて、おすすめなどを紹介して今回の記事の〆としていきたいかなと思います。

 

今回の対応ハードは多くPC(Steam)・PS5・Xbox Series X・Xbox One・ニンテンドースイッチと他機種に渡っているので、PS4以外の環境で遊べるようになりました。

特にニンテンドースイッチなど普及しているハードでも遊べるようになった、というのは大きく、そちらはTVモードのみならず携帯機モードでも遊ぶ事ができます。

 

結論から書けば、PS5やニンテンドースイッチ、PCでゲームを出来る環境が揃っているのであれば、あえて今から無印版「ザ・ロイヤル」を購入する意味は薄いと思います。

一応、各DLCなどの値下げなども行われていますが、総合的にみれば手間的にも遊べるハードの幅も考えれば今回の「リマスター版」がおすすめ、という感じですね。

 

特にDLCに関しては一部とても強力なペルソナなども含まれているため、単純にストーリーだけを楽しみたい人や、ゲームが苦手という人にもオススメできるからです。

なんだかんだでゲームハードで所持しているのはニンテンドースイッチのみ、という層も少なくないと思うので、やはりおすすめはリマスター版になります。

 

値段をともかく安くしたい、というのであれば、無印PS4版「ザ・ロイヤル」を、中古などで購入し、その上で値下げされたDLCを購入する、というのもナシではありません

ただしこの方法が取れるのは現状PS4を所持していて遊べる人のみ、という感じになりますので、利便性を考えると微妙な気もします。

 

あくまで今から、初めてペルソナ5を遊ぶならリマスター版「ザ・ロイヤル」を好きなハードで購入して遊ぶのがおすすめ、という結論は変わらないですね。

まぁ筆者的な意見としては、ゲームとしてはおすすめできる出来なので、遊んだ事がないならリマスター版を遊んで観るのもアリ、という感じです。

 

何にせよ、今後ペルソナ3及び4もリマスターで最新機種で遊べる事が確定していますので、先んじて5から遊んでおくのもアリと言えばアリでしょう。

シリーズ自体は知っているけど遊んだ事がない、という人はぜひ、この機会に遊び始めて見てもいいのではないでしょうか

 

ペルソナ5ザ・ロイヤル リマスターまとめ

  1. ペルソナ5完全版様々な機種で遊べるリマスター!
  2. 追加要素はなし!これまでに出ていなかった機種向け!
  3. おすすめはリマスター版!自分が良く遊ぶハードで

何度も発売されているタイトル、という印象こそありますが、既に無印版の発売から6年が経過している事もあり、当時遊んでいなかった人も意外と居ると思います。

今遊んでも十分楽しめるRPG作品であるのは間違いないので、この機会に遊んで見るのは筆者的にもすごくおすすめの作品ですね。

スポンサーリンク