新作のゲームが発売された直後、様々な動画サイトなどで動画や実況プレイなどが公開される、というのは風物詩になっていますね。

勿論本来であればネタバレなどにも配慮が必要ですが、これもまた新しいゲームの遊び方の一つと言えるのではないかと思います。

今回は、発売されたばかりの新作「スマブラSP」で動画配信や録画などを行いたい人向けの情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

スマブラSP どうせなら動画でも楽しもう!


出典:https://www.smashbros.com

様々な期待感を持たれながらついに発売された「スマブラSP」ですが、皆様楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

今回は登場キャラクターの多さもあって、対戦だけでなく一人モードもかなり楽しめるようになっているのでは、と思います。

 

さて、そんな対戦ですが、ローカル通信によるものは勿論、オンライン対戦もあって勝ったり負けたり、といった感じになるのではないでしょうか。

中には、物凄く上手く勝てた試合、あるいは負けてしまったけどすごく白熱した試合などなど、いろいろな戦いがあるのではないかと思います。

 

そんな時、その戦いを動画にして残す、という方法も、ゲームを楽しむ上で非常に重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

幸いにして、スマブラSPではリプレイを保存する機能などもあり、そういった目的で動画を保存する方法は予め用意されています

 

しかし、どうせなら、自分が上手く戦えた試合、あるいは面白かった試合などを他の人にも見てもらう、というのも面白いのではいでしょうか。

そういった際には、ただ動画を保存するだけではなく、Youtubeやニコニコ動画など、動画配信系のサイトにアップロードする、というのも面白いかも。

 

昨今ではそういった動画配信の敷居は非常に低く、ちょっとの準備で簡単にできるようになっているのでは、と思います。

こういった遊び方ができるのも、昨今のゲーム環境が進化した結果、思い出として残す事ができるのも大きなポイントですね。

 

ただ対戦をするだけではなく、こういった動画を通して色々な層のプレイヤーともコミュニケーションが取れるかもしれない、というのも魅力的。

ゲームを遊んで、その動画でコミュニティを広げていく、というのも遊び方の一つとして面白いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、そんな「スマブラSP」における「動画」「配信」についての注意点なども取り上げていきますので、気になる人は是非一度目を通してみてください。

 

スマブラSPを動画配信する際の注意点まとめ!


出典:https://www.smashbros.com

さて、今回は「スマブラSP」のプレイ動画などを配信、あるいは動画配信サイトにアップロードしたりなどをする人のための記事、という感じになります。

その上で、様々な注意点が存在しますので、項目ごとに紹介・解説していきたいと思います、動画配信などを考えている人は参考にしてみてください。

 

■注意点1 スイッチの録画機能には未対応
ニンテンドースイッチには、元々プレイ中のゲームを動画として残すための「録画機能」と言うものがデフォルトで存在しています。

しかしながら、この機能は現在「スマブラSP」は未対応、今後のアップデートで対応される可能性もありますが、現時点では使えません。

真面目に動画として録画をしたい、というのであれば、別途キャプチャーボードなどを利用する必要が出てくる事になりますね。

 

■注意点2 リプレイをそのままアップロードはできない
「スマブラSP」では、対戦などのプレイ状況を、リプレイとして残す機能が存在し、それを動画として書き出すという事も可能です。

しかしながら、リプレイを動画として残すにはかなりの容量のSDカードが必要になる上、リプレイ部分全てを動画として書き出す事は不可

これらのリプレイ動画をそのままアップロードする、というのも現状スイッチだけでは出来ない、という感じのようですね。

 

 

と、このような感じで、現状ではネット上に動画をアップロードなどして楽しむためには、残念ながらPCなどを間に挟む必要がある、という難点があります。

スイッチ単体で完結していればもっとお手軽に動画投稿などを楽しむ事もできるのでしょうが、こればかりは仕方のない部分ですね。

 

逆に、スマブラSPにデフォルトで用意されているリプレイ機能などは、ネット上に動画をアップロードするなどまでは想定していない、といった感じでしょう。

あくまで自分のプレイや相手のプレイを見直して練習する、程度の扱いになるのではと思いますので、各自で利用法を模索するのもアリかも。

 

勿論、今後のソフトウェア・アップデートなどで、スイッチから直接リプレイ動画を投稿する、といった事ができるようになる可能性もあります。

現状では、結局のところキャプチャーボードなどを利用して、プレイしている「スマブラSP」を動画として録画する、というのが一番カンタンな方法でしょう。

 

ゲーム配信などについての内容に関しては、以前こちらの記事でも詳しく解説していますので、気になる人は是非参考にしてみてください。

また、これは注意点とは少し違いますが任天堂の規約変更により、任天堂のゲームを使った動画を「収益化」する事が可能になりました。

 

勿論、収入にするほどになるには相当根気よく動画配信などを行う必要性はありますが、中々夢のある話ですね。

詳しい規約や条件などについては、下記の公式サイトでしっかりとチェックしてみてください、ゲームを楽しみながらお小遣い稼ぎができるかもしれません。

 

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン
※外部サイト

スポンサーリンク

 

使うならコレ!オススメのキャプボ5選!


出典:https://www.amazon.co.jp

さて、ここからは「スマブラSP」でネット上においての動画配信などを行いたい人向けに、オススメのキャプチャーボードを紹介していきます。

 

キャプチャーボードを選ぶ際のポイントとしては、ニンテンドースイッチに使用できるHDMI出力に対応している物、といった所でしょうか。

とはいってもHDMIへの出力は最早一般的な物と言ってもいいので、これに対応していない物を探す方が難しいかもしれませんね。

 

これらの商品を使うには、勿論ある程度以上のスペックのPCが必要になりますので、自分が所持しているPCと照らし合わせるのも大事です。

 

それでは、今回の記事でのオススメキャプチャーボード5選、以下のようになりました。

 

■AGPtEK HDMIゲームキャプチャー


ドライバーのインストールなどが不要で、お手軽につかえてなおかつ安い、入門編に選ぶものとしてはかなりアリなのでは、と思える商品です。

キャプチャーボードと呼ばれる類の物は高額になりやすいので、こういった安価なモノからどんな感じなのか、と使用感を試してみるの良いのではないでしょうか。

 

■XENON 4K 対応 キャプチャーカード


こちらは、外部に設置して使うタイプ、ではなくPC内部に部品として接続する、いわゆる「内蔵型」の商品ですね、性能は問題ない様子。

配線や物の設置などはスッキリする物の、PCを開けて設置しなければいけないので、PCの部品交換に慣れている人向け、といった所。

 

■Elgato Game Capture HD60 S


こちらは非常にコンパクトなデザインが印象的な、外付けタイプの製品、小さいながらも機能はかなり高性能で評価も高い商品です。

その分値段は少々張りますが、持ち歩きなどにも便利、ゲーミングノートPCなどと合わせて、移動先でも動画を作りたい人などにオススメ。

 

■AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS


こちらは、ゲーム配信系のキャプチャーボードならこれ、と鉄板で紹介される「GC550」の後継機モデルですね。

高性能な分、価格はかなり高く、最初に手を出すにはオススメしかねますが、配信や動画投稿に慣れてきたらコレに手を出してみるのもアリかも。

 

■I-O DATA PC用HDMI キャプチャーボード


こちらはIO-DATAから発売されているキャプチャーボード、外付けタイプで性能は中々の物な上、動画編集用のソフトなども付属

上位モデルとしてHDDなどが付属している物もあり、ニンテンドースイッチでのゲーム動画配信などを行うなら、少々高額ですがスタートキットとしてオススメかも。

 

と、このあたりの商品がオススメではないかと思います、勿論、安定してゲーム動画を配信、あるいは投稿するなどしたい場合PCは必須

ある程度以上のスペックを要求される、という部分もありますので、そのあたりもキッチリ下調べしてから行うようにしましょう。

 

昨今ではそういったゲーム動画の録画など、かなり需要が高まっているのかコレ以外にもかなりの商品が存在します

中にはここで紹介した以上のスペックと値段がする物もあり、青天井といっても良い状態と言えるのではないかと思います。

 

何にせよ、安い買い物とは言い難いので、購入する前に、自分の目的や主に使用するゲームハードなどと相談しながら検討してみるのが大事です。

 

スマブラSP 動画配信まとめ

  1. スマブラの思い出作りにも!動画を撮って楽しめる!
  2. 配信などもするならキャプボが必須!規約にも目を通そう
  3. キャプボオススメ5選以外にも多数!お財布やPCスペックと相談しよう!

昨今では本当に多くのユーザーが動画投稿をしてみたり実況をしてみたりと、チャレンジしているのが見受けられますね。

ゲームを通じた新たな遊び方として定着しつつあるので、スマブラSPのような人気タイトルから挑戦してみるのもアリではないでしょうか。

スポンサーリンク