せっかくスプラトゥーンデビューをしたのに、周りの経験者が強すぎてついていけない…

何の武器を使えばいいのかわからない…

 

そんな方に私が一番オススメしたい武器が、一番最初から使えるわかばシューター」!

これはもう公式が「初心者にうってつけ武器なんですよ」と言ってるも同じです。

それは間違っておらず、むしろ上級者までもが愛用するほど奥が深い武器なのです!

私もスプラトゥーン1時代からこの武器ばかり使ってきました。

 

ここでは初心者~中級者向けに「わかばシューター」の勝ち方をお教えします!

各武装の使い方から、立ち回り、キルの取り方まで詳細に書きました。

初心者はもちろん、経験者の方でも少しは楽しめる内容になっているかなと思います。

 

りす

この記事はまだまだ未完です。そのうち解説動画を差し込みます!

 

初心者にわかばシューターをオススメできる理由

エイム力がなくても扱いやすい

全ての武装にクセがなく使いやすい

・例え敵を倒せなくても、塗りの強さでチームに貢献できる

インクアーマーを多く使えるので戦闘面でも貢献できる

ボムの使い方を学べる

戦局を見る力を養える

 

初心者がこの武器をもってやることはたったこれだけです。

塗って塗って塗りまくってインクアーマーを発動!

本当にこれだけチームに貢献できてしまいます。

キルなんてとれなくても大丈夫です。

 

「いやいや、キルもしたいよ!」

という方のためにキルの取り方も後半で解説していますのでご安心を。

 

まずは順を追って「わかばシューター」の各武装の特徴から解説していきます

 

武装ごとの解説

メインウェポン:わかばシューター

【メリット】

・弾がばらつくのでとにかく塗りが強い

エイム力がなくても扱える

インクの消費量が少ない

塗りに特化

 

【デメリット】

射程がかなり短い

・射程内でも敵が遠いと弾が外れることがある

・インク一発の攻撃力が低い(〇発当てないと敵を倒せない)

キルには向いていない

 

弾がばらつくのとインクの消費量が低いため、とにかく塗りに特化しています。

チームにわかばシューターがいるかどうかで、ステージの塗り状況が大きく変わるほどです!

塗り状況が戦局を大きく左右するこのゲームにおいて、このメインはめちゃくちゃ強いです。

 

塗りに関しては最強レベル、しかし戦闘力は最弱です。

 

射程の長さは全シューター内でワースト2位

つまりほとんどの敵に対して射程負けしています。

また、弾がばらつくため敵に標準が合っていても弾が外れることがあります。

攻撃力が低いわかばシューターにとってこれは致命的です。

間違っても正面から向かってくるシューターと撃ち合ってはいけません!

もしこのメインでキルを取りたければ、敵に密着するぐらいまで近づいてからの方が倒しやすいです。

 

サブウェポン:スプラッシュボム

攻撃、防御、逃げ 全てこなせる超万能サブ!

遠くの敵に圧力をかけられるボムは、まさにメインの射程が短いわかばシューターの生命線です。

ガチマッチではボムが上手く使えるかどうかで勝率が大きく変わってきます。

それくらい重要です!

 

ボムは投げてから地面に着地したときにカウントが始まるので、視点を下に向けて転せばその分早く爆発させることができます

投げるか転がすかはそのときの状況によって使い分けましょう。

 

☆スプラッシュボムの主な使い方

・弾が届かない敵に対しての牽制

・高台に投げて遠距離武器をその場から退かす

・敵の退路に転がして逃げ道を塞ぐ

・敵の移動先にボムを置いて動きを制限する

・自分の足元にボムを置いて敵を近づけさせないようにする

・死に間際にボムを転がして道連れを狙う

・敵が登ってくるのを見越して高台やヤグラの上に置いて罠として使う

 

相手と撃ち合うのが怖ければ、とりあえずボムを投げて牽制するだけでもかなり有効です。

ただしインクの消費量が70%と安くないのでインク管理には注意が必要

また使い勝手が良いからとボムばかり投げていても仕方がないので、メインもちゃんと使いましょう。

 

スペシャルウェポン:インクアーマー

インクアーマーはスペシャルの中でもかなり強い部類に入ると思います。

 

効果は、発動してから6秒間はある程度の攻撃(50ダメージ?)を防いでくれます。

発動直後は少し硬直があるので、敵に見られていないときに使いましょう!

 

なんと言ってもこのスペシャルの一番の強みは、味方にもインクアーマーの効果を付与できるところ!

これがある故に塗っているだけでチームに貢献できるのです!

スペシャルが溜まったらなるべく早く使いましょう。

 

☆インクアーマーを使う上で注意すること

○インクアーマーは意外と脆いので過信はダメ

 1人で複数人の相手をしないように。

○インクアーマー中はイカちゃんの目が光ります。

 これによりイカ潜伏していても敵に位置がバレバレです!

なるべく4人全員が揃っているときに使う

 復活途中の味方には付与できないため。

 

ちなみに自分がインクアーマーを付与した味方が敵を倒すと、アシストポイントで自分のキル数も増えます

「なんか自分のキル数がやたら多い気がするなぁ」と感じる原因はこれですね。

スポンサーリンク

 

わかばシューターの立ち回り

全ルール共通の立ち回り

どのルールにおていも“塗りまくってインクアーマーをより多く発動させる” これに尽きます。

キルは味方に任せ、塗りとインクアーマーでサポートに徹するのが勝利のカギ!

そのためいかに死なずに塗り続けられるかという立ち回りが重用になってきます。

だからといって逃げ回っていては味方の負担が大きくなってしまうので、適度にボムを投げて敵にちょっかいを出しましょう。

塗りで優位に立てたら、味方と共に前線を荒らし回ったり不意打ちでキルを狙っていきます。

ただし、やられない程度に。

 

とにかく味方の足元や逃げ道を優先的に塗って、味方が動きやすいようにしてあげましょう。

特にチームの塗りが弱いとき(ブラスターorチャージャーが2人以上のとき)は、塗りを強く意識します。

 

わかばシューターで撃ち合ってはいけない要注意武器リスト

・スプラシューター、52ガロン

・スプラローラー、カーボンローラー

・ノヴァブラスター

・ヒッセン

・ホクサイ

 

このようなキルスピードが速い武器近距離での攻撃範囲が広い武器とはまともに戦っても勝てません。

例えわかばの射程内でも、先に1発弾を当てていても撃ち負ける可能性大です!

もしこれらの武器が前方から接近してきたら、ボムを転がして逃げる味方と一緒に対処しましょう。

 

Q. どうしても撃ち合わなければいけない状況だったら?

ジャンプ撃ちして敵の攻撃が外れることを祈りましょう。

ジャンプ撃ちは弾がブレたり、エイムが定まらなかったりして初心者には難しいです。

しかし、最初から弾がブレブレのわかばシューターには関係ありません

なので遠慮せず足掻いてみましょう!

 

キルの取り方

ここからは少し慣れてきたプレーヤー向けです!

今までにも書いた通り、わかばシューターはメインがひ弱なのでキルには向いていない武器。

しかしそれは撃ち合いでの話

各武装の強みをうまく活かせば、キルはちゃんと取れます!

 

①不意打ち

主にこの武器において一番キルを取りやすい倒し方だと思います。

敵がきそうなところをあらかじめ塗っておき、インクの中に潜みます。

敵がきたら後ろor横から一気に近づいて撃つ

ポイントはできる限り密着するまで近づくこと。

敵が遠いと弾がブレて逃してしまうことがあるので、敵の進行方向へボムを置いてから攻撃するのもアリです。

 

②ボムとの連携技

こちらもわかばでキルを取る上での基本になります。

・敵の後方にボムを投げて前へ避けてきた敵を挟み撃ち

・追われている最中に自分の足元にボムを転がして返り討ち

障害物を挟んだ読み合い中にボムを使って読み勝つ

 

このような戦略的なやり方で敵を倒します。

難易度は高いですが、決まるとクセになります!

 

③メインで敵の足場を奪ってから突撃

メインの強い塗り力を活かして、敵がインクに足を取られている間に倒します

主に足元の塗り苦手な武器に有効です!(ブラスターなど)

・高台から下にいる敵にインクの雨を降らせてから突撃

・敵と味方が撃ち合っている中でこっそり敵の周辺を塗る

 

④インクアーマーを発動して突撃

インクアーマーを着て正面から戦ってみるのもアリ。

ブラスターやチャージャーには少し強気に突っ込んでもOKです。

しかし結構すぐ剥がれてしまうので無茶は禁物です。

 

わかばシューターでキルを取る上で大切なことは、とにかく先手を打つこと

メイン、サブ、スペシャル、そのどれもが優秀なので、それぞれの武装の強みを活かした無尽蔵な択で敵を翻弄してやりましょう!

 

おすすめのギアパワー(準備中です!)

 

まとめ

  • わかばシューターはとにかく塗ってインクアーマーを多く発動させる
  • 正面からの撃ち合いは避ける
  • スプラッシュボムをうまく利用する
  • キルを狙う場合は先手を打つ

これを意識するだけで勝率は上がります!

使う武器を迷っているのなら、ぜひわかばシューターを使って塗りたくる楽しさを味わってくださいね!

 

初心者、経験者の方に少しでもお役に立てたのなら幸いです。

それでは良きわかばライフを!