お得にゲームを遊びたい、沢山のゲームの詰め合わせがあったら良いのに、というちょっとワガママな事を考えたゲームユーザーは多いと思います。

そんなゲーマーの夢を叶える商品として話題になった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に、何と「スーパーファミコン版」が出るという噂が!?

ガセと言い切るには難しい、それなりの信憑性もあり、ユーザー達も色めきたっていますので、今回はその「ミニスーパーファミコン」について調査していきたいと思います!

 

スーパーファミコンとは?


出典:https://ja.wikipedia.org/

まずは、本題に入る前に「スーパーファミコン」についてのおさらいからしていこうと思います、何分ゲームハードとしては古いので、若い人は知らないという人も居そうですしね。

スーパーファミコン」とは任天堂が1990年に発売した、家庭用ゲームハードです、良く「SFC」なんて略称で呼ばれているハードですね。

 

家庭用ゲーム機としてはかなりの大ヒットを記録したハードで、売上台数は世界で4000万台以上、当時としては高性能な2Dグラフィックに興奮したユーザーも多いかと思います。

1990年の発売から、次世代機に移行するまでの間にかなり多くのゲームが発売されているのも特徴で、1400以上のタイトルが発売されています。

 

今ではゲームソフトといえば光学ディスクが一般的ですが、スーパーファミコンといえばカセットタイプのソフトが有名ですね。

ゲーム機本体に差し込む際に、端子に向かって「フーッ!」と息を吹きかけた経験のある人、多いのではないでしょうか(実際には唾液が端子についてしまうので良くないらしいですね)

 

現在主流の光学ディスクに比べて、カセットタイプのソフトは値段が結構張るのも特徴でした、後年では1万円を超えるソフトも少なくなかったです。

現在20代後半~30代後半のユーザーには、思い出深いハードなのではないかな、と思います、私個人もその一人です(笑)

 

今でも続いているシリーズ作品は勿論、今でもコアな愛好家がいるタイトルなど、様々な「名作」と呼ばれるソフトが多く出たのも特徴の一つですね。

ミニスーパーファミコンの噂って?


出典:https://www.nintendo.co.jp/

さて、現在巷を騒がせている噂、というのは「ミニスーパーファミコン」が発売されるのでは?という内容の物です。

 

2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ通称ファミコンミニ)」という商品があります。

手のひらサイズに縮小された「ファミコン」に30本のタイトルを収録した、レトロゲームファンにはたまらない商品ですね。

 

これが2017年4月、突然「一旦生産を終了する」という告知が出されたのをきっかけに海外のメディアが「ミニスーパーファミコン」を開発しているから、と報道したのが原因です。

任天堂側はコレについて「コメントは差し控える」と肯定も否定もしない感じで返答を出していますが、この返答が余計に噂に拍車を掛けている感じですね。

 

実際の所、そういった予定が一切ないのであればはっきり「否定」するのでは?と思う所もありますし、まったくのガセとも言い切れないかな、というのが個人的な感想です。

いくらファミコンよりも容量は上がっているとはいえ、技術的には普通に可能だと思いますし、実際に発売されたら売れ行きもそれなりに見込めるのではないかと思います。

 

あくまで噂は噂、公式的な発表は一切ありませんが、ユーザー的にはこの報道が真実なのでは?という見方をする人も少なくないようですね。

気の早い人達は「ミニスーパーファミコン」に収録して欲しいソフトの要望を任天堂に送った、なんて話もあるぐらいですし、期待はかなり高まっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

実際に発売されるとしたら発売時期や値段は?


出典:https://www.nintendo.co.jp/

実際に発売されるとして「どんなタイトルが収録されるのか」と言われたらまぁこれについては予想できないです。

権利関係の問題なども複雑化していそうなので、もしかしたらこういった物に収録できないタイトル、なんてのも多くありそうですしね。

 

なので、今回は「仮に発売されるとしたら」「価格」「発売日」を予想していきたいと思います、公式に発表されているわけではありませんので最早妄想の粋ですが(笑)

まずは価格、前述した「ファミコンミニ」は30本のタイトルを収録して「5、980円(税別)」とかなりお得な値段設定でした。

 

それを参考に、容量のアップといった要素を加味して考え、予想する「ミニスーパーファミコン」の価格はズバリ「9,800円(税別)」ではないかと思います!

あくまで予想です、根拠はありませんし完全に主観での予想なので信用しないように(笑)

とはいえ、昨今の任天堂のハードの価格や他商品の価格設定を考えると、案外的外れでもないと思います。

実際この値段だったら少なくとも私は飛びつきます(笑)

 

次は発売日の予想ですが、これに関しては値段よりも予想するのが難しいですね、姉妹品である「ミニファミコン」の発売日は2016年11月10日でした。

また「ミニスーパーファミコン開発中」と報じた海外メディアでは、同様にクリスマス頃の発売、といった内容も書かれていたようです。

クリスマス商戦真っ只中ですし、こういったレトロな商品を発売するのも一つの戦略としてアリではないかと思います。

 

個人的な発売日予想としては「11月21日」ではないか、と大胆に予想してみます、というのも、スーパーファミコンの発売日は「1990年11月21日」なんです。

あえてこういった商品を出すからには、こういった記念日に合わせる、というのも十分考えられる話ですので、予想としては面白いと思います。

 

実際に発売されるかどうかは、もはや神のみぞ知る、ではなく任天堂のみぞ知る、という感じですが是非発売して欲しい商品ですね。

正式な発表があるまでは、こうして好き勝手に予想するのもまた楽しい遊びだと思いますので是非皆さんも勝手な予想を立ててみてはいかがでしょう?(笑)

 

ミニスーパーファミコンまとめ

  1. 「ミニスーパーファミコン開発中」と海外メディアが報道!
  2. 発売されるとしたら価格予想は9,800円前後!?
  3. 発売日予想は「SFC」と同じ11月21日!?

最新ゲームハードで遊ぶのは勿論楽しいですが、古き良きゲームには古いからこその良さという物が多分に含まれています。

SFCなんかはその最たる例であるゲームが多数ありますので、もしもミニスーパーファミコンが発売されるとしたら、是非若い世代の人にも遊んでもらいたいですね。