気温の高さ、暑さもさる事ながら、この時期は台風やゲリラ豪雨といった雨にも悩まされる事が多くて困ってしまいますね。

しかし、ゲームの新情報が公開された時のゲーマーの熱気は、夏のキツい日差しにも負けないのではないでしょうか。

今回は新たに新情報が公開された「スマブラSP」の情報と、パッケージ及びダウンロード版のメリットなどについて纏めて行きたいと思います。

 

スマブラSP 新キャラ参戦も公開!


出典:https://www.smashbros.com

様々なタイトルが発売されるニンテンドースイッチの中でも、注目度は随一といっても良い最新作「スマッシュブラザーズSPECIAL」の新情報が色々公開されました。

以前の情報公開で「これまでに登場したキャラクターは全員参戦」という驚きの発表があった事も記憶に新しいのではないでしょうか。

 

また、今回は参戦キャラクターが多くなった事にも起因しているのか、新たに「ダッシュファイター」というシステムが搭載される事もわかりましたね。

これは「見た目は違うけど性能は大体一緒」という形で、これまでにも登場していたキャラクターが統合されたような形になります。

 

元となる基ファイターを選択する際に「ダッシュファイター」を使うかどうか、を選択できるといった形になるようです。

例えば、前作にも登場していた「ブラックピット」は、今回は「ピット」を元とする「ダッシュファイター」として参戦する、といった形のようです。

 

動きやモーションは似ているけれど、性能はちょっと違う、というキャラはこれまでにも多かったので、まとめる形になったと考えるのが自然でしょう。

そして今回、8月8日に公開された「スマブラダイレクト」内で、新たなキャラクターの参戦も発表されたのは非常に嬉しい限りです。

 

以前の発表では既存のキャラクターが多いだけに「新規キャラは少なめになる」という発表もあったので、これには驚かされましたね。

今回新たに発表された参戦キャラクターは以下の5人となっています。

 

■ シモン (悪魔城ドラキュラ)


出典:https://www.smashbros.com

横スクロールの探索型アクションゲームの名作「悪魔城ドラキュラ」から、主人公の「シモン・ベルモンドが参戦決定です。

様々な種類の武器を駆使して戦う姿は、まさにスマブラというアクションゲームに打って付けで、リーチは長めながら隙は大きい、といった感じですね。

 

■ リヒター (悪魔城ドラキュラ)


出典:https://www.smashbros.com

こちらも同じく「悪魔城ドラキュラ」からの参戦となるキャラクターで、シモンを元とする「ダッシュファイター」として参戦する模様。

攻撃方法などはほとんど一緒ですが、代わりに声や見た目が変わるので、好みに合わせてどちらを使うか決められるのが嬉しい所です。

 

■ クロム (ファイアーエムブレム覚醒)


出典:https://www.smashbros.com

前作でもルフレの切り札時に登場し「出番はないこともない」とネタにされていた主人公「クロム」がついに正式に参戦です。

今作ではロイを元とする「ダッシュファイターとして参戦するようなので、基本的な動きなどはロイと同じ、どちらが好きか分かれそうですね。

 

■ ダークサムス (メトロイドプライム)


出典:https://www.smashbros.com

これまでにもアシストフィギュアなどで登場していた、フェイゾンと呼ばれるエネルギーから生まれた生命体ダークサムス」の参戦も決定。

サムスを元とする「ダッシュファイターとして参戦するようですが、本家サムスとの攻撃方法の違いなどにも注目したいですね。

 

■ キングクルール (ドンキーコングシリーズ)


出典:https://www.smashbros.com

こちらはようやく来たか、と満を持して登場の「ドンキーコング」シリーズの敵役「キングクルール」が参戦です、出るまで長かったですね(笑)

これまでドンキーやディディーが登場していただけに参戦を望む声も多かったと思いますが、ダッシュキャラではなく完全な新規参戦にファンも満足ではないでしょうか。

 

今回の発表で新たに参戦が決定したのはこの5キャラですね、その他アシストフィギュアやモンスターボールで登場するキャラもかなり増加している様子。

特に、アシストフィギュアにはなんとモンスターハンターの顔役「リオレウス」が登場決定アシストだけでなくボスキャラとして戦う事もできるとか。

 

その他にも、新たなルールによる対戦モードなども多数追加されるとのことなので、WiiU版の移植か、と噂されていたのが嘘のようです。

かなり追加要素も増えているようなので、前作を遊んだ人は勿論、遊んだ事のない人もガッツリ遊び込めるようになっているのではないでしょうか。

 

いよいよゲーム作品オールスターの毛色が強くなってきたスマブラ今後の情報発表にも目が離せません、発売が待ち遠しいですね。

 

パッケージ・ダウンロードそれぞれのメリットは?


出典:https://www.smashbros.com

色々な情報が公開され、発売日も徐々に近づいてきた「スマブラSP」ですが、今回はニンテンドースイッチでの発売となりますね。

という事は、自ずと「パッケージ版」及び「ダウンロード版」と、2つの種類が発売される事になるわけですが、皆様はどちらを買うか決めていますか?

 

どちらにもメリットやデメリットが存在するので、そちらを良く把握して、予約に備えるのが良いと思いますので、今回はその辺りも紹介していきましょう。

 

■パッケージ版のメリット・デメリット
・メリットその1 セーブデータ以外で容量を圧迫しない
・メリットその2 限定版パッケージなどが発売される事が多い
・メリットその3 パッケージはコレクションアイテムにもなる

・デメリットその1 ソフトの入れ替えが手間になる
・デメリットその2 スイッチのソフトは小さいので紛失の可能性
・デメリットその3 持ち運ぶ際にはパッケージが嵩張る

と、パッケージ版にはこのようなメリットとデメリットがあるのではないでしょうか、特に「ソフトの紛失」はメディアが小さいだけにありえる話

小さなお子様が誤飲などしないように恐ろしく苦い素材で作っている、といった点は非常に優れていますが、紛失のリスクはそれなりだと思います。

ソフトの入れ替えの手間、といった辺りは長時間同じゲームを遊ぶならあまり気になりませんが、頻繁に入れ替えるとなると手間が多いですね。

今回の記事の主題である「スマブラSP」はプレイ時間はそれなりに長くなる部類の作品だと思いますので、あまり気にする必要はないかも。

 

■ダウンロード版のメリット・デメリット
・メリットその1 ソフト入れ替えの手間がない
・メリットその2 家にいてもその場で購入できる
・メリットその3 ソフト紛失の危険性がない

・デメリットその1 データが大きく容量を圧迫する
・デメリットその2 大容量のSDカードが必要になるが高価
・デメリットその3 特典などはない事も多い

ダウンロード版のメリット・デメリットはこんな所ではないでしょうか、持ち歩いて遊べるニンテンドースイッチでは入れ替えナシで遊べるのは大きいですね。

上で上げたような小さなメディアであるソフトの紛失といった危険性がない代わりに、データ容量にかなり気を配らなければいけません

特に、何度か紹介していますがニンテンドースイッチの本体に用意されたデータ容量は32GBダウンロード版ゲームを購入するにはかなり心もとない数字です。

今回の記事で紹介している「スマブラSP」のゲームデータ容量は16GBとかなり大きな容量になっていますので、本体の半分をあっさり食い潰してしまいます。

ダウンロード版を購入してスムーズに遊ぶには、どうしても大容量のmicro SDカードを用意しておく必要が出てくるので注意が必要です。

 

家で遊ぶ事が多く、スイッチを外にはあまり持ち出さない、という人にはパッケージ版が、逆に良く外に持ち出すという人にはダウンロード版がオススメでしょうか。

ちなみに、これはまだ海外で発売する、という情報しか公開されていないので日本国内ではどうなるのかわかりません限定版の情報も確認できます。

 

スマブラSPのソフト本体新デザインのGCコントローラー、接続タップがセットになった限定パッケージが発売されるようですね。

国内での取扱があるのであれば、かなりオトクなパッケージになるのでは、と思いますので、こちらの購入を考えるならパッケージ版も一考の価値あり。

 

まだ予約などは開始されていませんので、今のうちにダウンロード版にするか、パッケージ版にするか考えておきましょう

スポンサーリンク

 

購入するならどちらがオススメ?


出典:https://www.smashbros.com

発売は今年の12月7日、と決定しているスマブラSPですが、未だに上で挙げた「ダウンロード版」か「パッケージ版」かで悩んでいる人は多いと思います。

 

上でも書いたように最終的にはどちらを購入するかは、結局個人の好みやプレイスタイルに合わせて、というところに寄るとは思います。

ただ、あえて筆者的にオススメをするのであれば「パッケージ版」のほうがオススメではないかと思いますね。

 

元々パッケージ版が好き、というのもありますが、スイッチ本体やSDカードの容量を気にしなくて済む、というのは非常に大きなポイントだと思います。

 

やはり持ち運びを考えず、家で遊ぶ事を前提にした話になるのであればパッケージ版もコレクションとして有用だと思う所もあります。

上でも紹介した限定版パッケージなどが国内でも発売されるのであれば、やはりこれを購入したいという人も多いと思います

 

そういった部分を含めると、購入時のオススメポイントは、どちらかといえばパッケージ版の方が多いような気もしますね。

一方で、ダウンロード版には特典等はなくとも「品切れの心配がない」という非常に大きなポイントがある、というのも見逃せませんね。

 

スマブラという人気タイトルはどうしても売り切れなどもついて回るタイトルになると思いますので、予約ができない、という事もあるかもしれません。

そういった状況にはならないのが一番ではありますが、予約できず発売日当日に購入できるか怪しい、といった場合ダウンロード版がオススメ

 

最終的にどちらを購入するか、予約するかは何度も言うように個人の好み、プレイスタイルに合わせて、といった所です。

発売日まではあと大体4ヶ月ほどですので、考える時間はまだそれなりにあると思いますので、情報収集も含めてのんびり考えてみるのもアリ。

 

あくまで今回のオススメは、筆者の好みと私見による物ですので、あくまで参考程度にして、好きな方で購入計画を立ててみてくださいね。

 

スマブラSP まとめ

  1. 新情報公開!新キャラクターも多数公開
  2. どちらにもメリット・デメリットあり!限定版の発売もあるかも
  3. オススメは容量を気にしなくて良いパッケージ版!最終的にはお好みで!

発売まではあと4ヶ月ある、という事でまだまだこれから新情報なども公開されていくと思いますが、早くも情報量が多くて驚きですね。

記事中で触れたコントローラー及び接続タップ同梱の限定版は、ぜひ日本国内でも販売して欲しいと思いますが、どうなるのか気になる所ですね。