スポンサーリンク

気候が安定せずまた寒くなったり、新型コロナの件もあって体調にはより一層気をつけていきたい時期になってきました。

当ブログでも複数回に渡って触れている「新型コロナ」関連の影響は、様々なところに生まれているという感じで、予断を許しません。

今回は「新型コロナ」の影響で「ゲームの発売延期」の可能性があるかなどについて情報をまとめた記事となっています。

スポンサーリンク

 

コロナの影響でゲーム発売にも影響が出る?


出典:https://www.photo-ac.com/

巷では日に日に感染者数などが報道され続けている「新型コロナウィルス」問題、ここまで猛威を振るう感染症というのは中々あるものではありません。

 

様々な企業などがテレワーク(在宅業務)に切り替える、通勤時間をズラすなど、実生活に置いても影響は出まくっている、という状態です。

そんな影響は当然の事ながら、ゲーム関連でも起こり始めている、というのが実状なのですが、まだまだ目に見えた物は少ない、といえます。

 

実際にゲーム関連周りで影響が出ている、という事といえば、先日取り上げた記事内でも触れた「ニンテンドースイッチ」の出荷遅れといった所でしょうか。

現時点では幸いな事に、ゲームタイトルの発売自体が延期される、というような事は発表されていませんが、これも影響が出ないとは言い切れません。

 

当然の事ながら、商品を小売店などに届ける流通周りにも影響が出ていないわけではありませんし、開発メーカーが業務を停止する可能性もあります。

また、制作中のゲームであれば、昨今は「声優や俳優によるボイス収録」というのもある意味では欠かせない要素

 

しかしながら、こういったボイス収録用のブースというのは当然人が密集した密閉空間になるため、最近では声優による収録業務も滞りがちになっているとの事。

様々な側面から、ゲーム開発に関わる業務には支障が出始めている、という状況なのは素人目に見ても明らか、といえるでしょう。

 

少なくとも、4月に発売が予定されていたタイトルに関しては、制作自体は終わっている、というのが普通だと思いますので、延期はそうそうないでしょう。

しかし、影響が出始めるのはおそらく、5月~6月以降に発売を予定していたタイトルに集中し始める可能性が高い、と言えるのではないでしょうか。

 

もちろん延期はして欲しいものではありませんし、しないならその方が良いに決まっている、というのは当然の前提ではあります。

ただ、現状では日々警戒して、外出なども自粛を心がける必要がある、という都合上、これに関連して起こりうる延期に関しては諦めるしかない、という所でしょうか。

 

幸いにして、今はダウンロード販売なども盛んに行われているので、パッケージ版のみが延期、という事態で済む場合もありそうではあります。

どちらにせよ、新型コロナ関連の問題はまだ尾を引いて長引きそうな状況ですので、開発メーカーも含め、業界には無理をしてほしくない、という印象ですね。

 

CEROが業務停止中なのも影響?


出典:https://www.cero.gr.jp/

さて、上で書いた「ゲーム関連に出ている影響」に付随した話になりますが、これが最も影響が大きそう、という話がひとつ。

 

それは、ゲームを発売する際に重要な要素の一つである「レーティング」を審査する「CERO」が現在業務を停止している、という事ですね。

これだけ聞くと、直接的にゲーム開発などには関係がなさそう、という印象を受けますが、ある意味ではこれが最も重要なポイントとも言えます。

 

日本において、ゲームを開発し流通に乗せるためにはこの「CERO」によるレーティング審査を受ける事が義務付けられています

ゲームに含まれる要素や描写によっては15歳以上推奨、などといった一定の基準を設けるためでもありますので非常に重要な事です。

 

例えば、皆様が新しく新作ゲームの公式サイトを覗いた際などに「レーティング」という項目に「CERO審査中」などと書かれているを見たことがあるはずです。

このように、現代においてはゲーム発売の際にこれを無視して発売する事はできませんし、審査を受けて表示をする、というのが義務という事になっています。

 

しかし、その審査を行う「CERO」が、現在新型コロナによる影響で業務を停止している、という状態が発生しています。

これは、CEROの外部審査員が事務所に訪れて審査を行う、という方式になっているため、在宅などでは難しい、というのが理由の様子。

 

外出自粛要請を受けての決定、という事ではありますが4月8日から5月6日までの約1ヶ月間、全ての業務が停止する、という状態です。

これは審査を受ける予定だった物は勿論先送りに、審査を受けている最中だった物も勿論停止、という状況だけに、大きな影響が出る可能性もあります。

 

また、あくまで現状の予定では5月6日まで、という発表が行われているだけで、新型コロナの影響がどうなるか次第で変更がある可能性もあります。

既に審査が終わっているゲームタイトルに関しては、これが原因で発売延期、という事はないでしょうが、審査予定の作品などには間違いなく影響がでるでしょう。

 

勿論、既に開発が終わっていて、後は審査を受けるだけ、というタイトルであっても、その審査が受けられないという状況では致し方ない部分もあります。

上でも書いたように、こればかりはどこに責任があるわけでもなく、ある種の緊急事態ですので、諦めるしかない、という部分が大きいです。

 

一刻も速くこういった問題が解決に向かうように祈る事しかできないのが辛い所ですが、今しばらくの辛抱と信じたい所ですね。

スポンサーリンク

 

延期されるとしたらどんなタイトルがある?


出典:https://store.playstation.com/

さてさて、ここまで書いてきた「ゲーム業界への影響」という部分は、大体わかってもらえるのではないかと思います。

 

しかし、ユーザー的に最も重要なのは、身も蓋もない言い方をすれば「実際に発売が延期されるゲームがあるかどうか」という所ではないでしょうか。

それを踏まえた上で、今回の記事の締めとして、発売延期の可能性があるタイトルについて考察・予想していきたいと思います。

 

あくまで筆者が「もしかしたらあるかもしれない」と思った作品をピックアップしているだけですので、実際にはどうなるかわかりません。

現時点で公式から発表されているわけではありませんので、間違っても公式に問い合わせなどはしないようにお願いいたします。

 

まず前提として現在は4月15日、流石に4月発売予定のタイトルがこのタイミングで発売延期、というのは本当の緊急事態でしょう。

ですので、今回延期されるかもしれない予想タイトルは、全て5月以降の発売予定タイトルになっていますが、これもあくまで予想に過ぎません。

 

今後延期が発表されるかもしれないタイトルは、以下のようになりました。

■FAIRY TAIL (PS4/スイッチ/Steam)


出典:https://www.amazon.co.jp/

現時点では6月25日発売予定、となっている人気漫画・アニメ原作のゲームタイトル、先日公式サイトがリニューアルされたばかり。

発売・開発元のコーエーテクモゲームスは、元々延期が比較的多いメーカー、というのもあり可能性は高めといえるタイトルかもしれません。

 

■Ghost of Tsushima (PS4)


出典:https://store.playstation.com/

E3などでそのグラフィックの質の高さなどから注目を集めたタイトル、発売を心待ちにしているユーザーも多そうなタイトルの一つです。

こちらも発売予定日は現在6月26日予定、となっていますが、開発会社は海外のメーカーであるため、ある意味国内よりも延期の可能性が高いかも。

 

■ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター (PS4他)


出典:https://store.playstation.com/

今年の夏以降に発売が予定されているタイトルですが、開発が遅れ気味の印象があり、可能性は高そうなタイトルと言えるかも。

既に1月の発売予定から延期しているので、再び延期、という事にもなってしまいますが、コロナの影響などがあるならありえない話ではありません。

 

■ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション (スイッチ)


出典:https://ec.nintendo.com/

5月29日に発売が予定されている注目タイトル、当ブログでも以前取り上げた作品ですが、延期の可能性はないわけではない、という所。

CEROの審査なども既に終わってはいるようですが、開発の遅れなどは十二分にありえる、という状況ですので、油断は出来ないという所でしょう。

 

と、今回予想として具体的に挙げるタイトルはこの辺りでしょうか、どちらにせよ延期しないに越した事はありませんが

この他にも多くのゲームタイトルが発売予定となっているわけですし、どのタイトルが延期されてもおかしくはない状況です。

 

また、これは筆者の主観ではありますが、日本国内で開発されているタイトルよりも

「海外メーカーが開発しているタイトル」

は影響がより大きく出そうです。

 

日本も他人事では勿論ありませんが、海外の各国はより新型コロナの影響が大きく、問題が発生している、という状況。

ゲーム開発どころの騒ぎではない国もありますので、この辺りの影響が大きく出る可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

 

また、仮に発売が延期されたとして、コロナ関連での業務停止などが原因である場合、どの程度延期されるのか、などは本当に予想が付きません

結局の所、コロナウィルスによる問題が収束しない限りはどうにもならない、というのが実状ですので、予想らしい予想も立てられない、といった感じでしょう。

 

以前の記事中でも触れたように、それこそ2020年内はコロナの影響・問題が起こり続ける可能性も、完全に否定する事はできません。

様々なイベントなどが中止・延期といった事態になっているだけに、それこそ夏を過ぎてもまだまだ問題の渦中、という可能性もあります。

 

何にせよ、延期はできればして欲しくはないものの、感染が広がる事を防がなければいけない状況ゆえに、致し方ないとも言えます。

今後もメーカーの発表、新型コロナ周りの発表には注意しつつ、引き続き外出は自粛して大人しく過ごしていきましょう

 

勿論、出かけた後に手洗いうがいを忘れない事、十分な睡眠や栄養を取って免疫力を挙げておくのも重要ですね。

 

コロナゲーム発売延期まとめ

  1. 流通や開発にも影響!コロナの影響は様々な所に!
  2. CEROが業務停止!審査が出来ないのも大きな影響に!
  3. 発売延期されそうなタイトル多数!海外開発系は可能性大

本当に日々様々な問題が発生してきて、困った状態になっていますが、こればかりは本当にどうしようもなく、ただただ収束する事を祈るばかり。

新作ゲームの発売などにも影響が出そうですので、しばらくはじっと我慢せざるを得ない状況、古いゲームなどを遊ぶなどして過ごすのもアリかもしれません。

スポンサーリンク