スポンサーリンク

PCでゲームを遊ぶ時、ゲームが動作するかどうかのスペックは当然大事ですが、それに加えて重要なのは容量ですね。

ゲームをインストールするのにも必要ですし、空き容量がほとんどないパンパンの状態で遊んだりすると不具合の元になったりもします。

今回はそんな「ゲームの容量問題」も話題となっている「ARK」についての情報などもまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

ARKの容量は現在どうなっている?


出典:https://store.steampowered.com/

昨今のゲーム事情、多種多様に進化し魅力あふれるゲームが増えた一方で、比較的ぶち当たりやすい問題の一つとして「ゲーム自体の容量の増加」が挙げられると思います。

特に昨今はオープンワールド型の作品なども増えた事で、コンシューマー、PCに限らずこういった問題は結構顕著なのではないかと思います。

 

そんなゲームの容量問題、最近も人気のゲームの中で特に顕著なのは「ARK: Survival Evolved」ではないかと思います。

オープンワールド形式でサバイバル生活をしながら、恐竜を手なづけたり拠点を制作したりと行った様々な遊び方ができる人気作品

 

特に現時点では6月20日までSteamにて無料配布中、という事でより注目が集まっているのではないかと思います。

「ARK」自体は発売から数年が経過しては居ますが、今現在でもアップデートが継続されていますし、ユーザーも何だかんだで増加傾向。

 

人気になるだけの理由も頷けるゲームではありますが、このアップデート、という部分が結構な曲者だったりします。

昨今のPCゲームは特に「発売されてはい終わり」というわけにはいきません、多くの作品が内容のアップデートなどでどんどんデータ容量が増えていきます

 

それ自体はもう半分当たり前になっているというか、諦めている人も多いとは思いますが中でも今回の主題である「ARK」はかなり深刻です。

元々本体時点でかなりの容量を誇るゲームではありましたが、2022年現在、全てのマップなどを含めたDLCまで導入した場合ではありますが

おおよそ300GBを超えるゲーム容量

となる、非常に大きな容量でHDDやSSDなどの容量を圧迫する、という状態になってしまっているのが実情です。

 

少し前のSSDなどではそもそもマップやDLCなども含めて全てインストールするの自体が不可能、という事にもなりかねない容量です。

いくらゲームの容量が比較的大きくなりがちな現代、とは言っても流石に300GBというのは前例がないレベルの容量ではないかと思います。

 

100GBを超えた時点で結構な大台という印象もありますし、実際にそこまでの容量になるゲームというのもそう多いわけではないのもまた事実。

冷静に考えれば仕方のない部分もあるな、とは思いつつも「ARK」を遊ぶ上ではこういった所もハードルになりえるのは注意が必要とも言えるかもしれません。

 

ゲームとして面白くオススメもできる作品ではありますが、これから遊ぶ予定がある人は、しっかりとHDDなどの容量を空けておきましょう

あるいは、新しくSSDやHDDを増設するなどして容量を確保する、というのも検討してみても良いレベルの話かもしれませんね。

 

SSDとHDDそれぞれのメリットは?


出典:https://store.steampowered.com/

さてさて、全て込みではあるとはいえ300GBというかなり大掛かりな容量が必要になってしまう「ARK」ですが、上では「HDD」などの増設も視野に、と書きました

 

PCで普段からゲームをする人にとっては重要なポイントでもありますので、今回はSSDとHDDそれぞれのメリットも解説していきたいと思います。

なんだかんだで新しく購入する・増設するというタイミングも多くなるのがPCのストレージなので、覚えておいて損をする事はないと思います。

 

それぞれ特徴として以下のような物がありますので、是非購入の際の参考にしてみてください。

■HDDの特徴
・大容量の物も種類が多い
・大容量の物でも比較的価格が抑えやすい
・読み込み速度は物にもよるが遅め
・衝撃に弱く物理的な破損などに注意が必要

■SSDの特徴
・大容量の物は現状でも少ない
・価格が高く大容量の物はかなり高価
・読み込み速度も早くゲームにも向いている
・衝撃などに強く物理的な破損がしにくい

とこのような感じの特徴でしょうか、全体的にみて、ゲームデータを素早く読み込んだりする事も想定に入れるならSSDの方が優秀と言えるでしょう。

ただこれは多少の運も絡むと思いますが、物理的な故障を除くとSSDよりもHDDの方が長持ちする、という場合もありますね。

 

これはSSDの場合は書き込み回数がある程度限定されている、という都合もありますが、丁寧に取り扱った結果HDDの方が長持ちする気もします。

筆者の経験則上、長期的なデータの保存なども考えるのであれば高容量かつ価格も抑えやすいHDDの方が向いている、という感じですね。

 

勿論SSDにしろHDDにしろ壊れる時は壊れますし、どちらにしろ過信は出来ない物ではありますので注意が必要な買い物にはなると思います。

ゲーム環境を読み込みを素早く、ともかく快適にしたいのであればSSD、少しでも価格を抑え大容量にしたいのであればHDD、という感じですね。

 

今回のARKに関しては、上でも解説したように300GBとかなりの大容量を必要とするという所もあるので、SSDにしろHDDにしろ容量に余裕のある物を購入する必要があります。

とはいえ、基本的にこのようなストレージを購入する際は、最新の物ではないにしろ大容量の物を買うほうがオススメではあります。

 

特に普段からゲームを遊ぶのであればどんどん容量を使っていく事になるでしょうし、PCに内蔵するタイプにしろ外付けにしろ、複数個を扱うのは難しい所もあります。

自分の環境などと相談した上で、大容量の物に交換してしまうか、あるいは増設するかを考えて検討するのもかなり大事ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

ARKにオススメのSSDを紹介!


出典:https://store.steampowered.com/

さてさて、というわけでSSDとHDDの違いというか特徴について解説しましたが、今回はARKが主題の記事となっています。

そうなるとやはりゲーム中などの読み込みも素早いに越した事はありませんし、オススメなのはSSDでもあるので、いくつかオススメのSSDを紹介して終わりたいと思います。

 

一応、今回は「内臓のSSD」に限定して紹介していきますので、外付けSSDは除外していますのでその辺りはご了承ください。

というわけで、今回ARKにオススメのSSDは以下のようになりました

■Crucial クルーシャル SSD 1TB BX500 SATA3


SSD関連ではすっかり有名になったクルーシャル製のSSD、こちらは1TBモデルで、現行ではかなり安くなった印象ですね。

まぁ同じ価格のHDDならもっと容量を上げられる、という側面はありますが、今からSSDを導入するなら1TBはあって損をする事はないでしょう。

今回いくつか紹介する中でもコストパフォーマンスに優れているのはこの辺りの価格かつ容量という所なので基準とも言える商品かもしれません。

 

■Samsung 870 QVO 2TB SATA


こちらはサムスン製のSSD、読み込み速度などに特筆する点はあまりありませんが、大容量なのがともかく魅力という所でしょう。

同じ商品のバリエーションでは4TB、8TBと存在していますが、今回価格的にも良さそうな物ということで2TBモデルを紹介しています。

それでも価格はかなり高めなので、購入は慎重に検討する必要があるとは思いますが、容量の多さ的にも購入して損はしなさそうです。

 

■SanDisk SSD Ultra 3D 500GB


SDカードなどでもよく見かける有名メーカー、サンディスク製のSSD、こちらは500GBモデルで価格だけを見れば今回紹介する中で一番安い物となっています。

ただ500GBと1TBでそこまで大きく値段が変わらない事を考えると、これは本当に出費を抑える、あるいはARKをインストールするだけという用途にとどまるかもしれません。

同じモデルでは最大4TBモデルまで存在しますが、そちらは当然価格が跳ね上がるので注意も必要ではないかと思います。

 

■Western Digital AN1500 4TB PCIe Gen3 x 8


今回紹介するSSDの中でも特に変わり種、一般的なSATA接続ではなく、グラボなどと同じPCIe接続を利用するタイプの珍しいSSDですね。

ゲーミングPC用と銘打っているだけの事はあり、読み込み速度などもかなり優秀で、他のゲームなども遊ぶならイチオシ

ただしその分値段はかなり高価なので、ともかく細かい所にまでこだわりたい人向けだとも思うので、あくまで参考程度に

 

と、今回はこの4種類辺りかなと思います、これ以外にも500GBモデルや1TBモデルであればかなり安価になってきていますし、種類も豊富になっています

ここで紹介した以外にも「このメーカーの物が使いたい」というような拘りがある人でもそれほど選択肢には困らないのではと思います。

 

ただ、上でも解説した通りARKはDLCなども込で300GBを超えてしまう大容量のゲームなので、SSD選びなどにも注意が必要です。

1TBモデルであればまぁそれほど問題にはならないと思いますが、500GBモデルであれば半分以上の容量をARKに費やす事になります。

 

容量的な余裕はほとんど無くなってしまうので、他の用途に使うのが難しくなる、というのは踏まえた上で購入するようにした方が良いと思います。

ここで色々と紹介しましたが、とりあえずARKをインストールし、他にも何かPCゲームを遊ぶ程度の用途なら1TBモデルを利用するのが一番オススメかなと思います。

 

何にせよ高い買い物にもなりますし、故障の可能性などはどうしてもつきまとってしまう部分なので、高額商品を購入する際には色々と注意が必要です。

 

ARK SSDまとめ

  1. ARKは最大容量300GB超えストレージ容量に注意
  2. SSD・HDDにはそれぞれ特色あり!長期的に見ればHDDが長持ち
  3. オススメSSD4選!大容量の物は高額なので注意が必要

単一のゲームで300GBを超える、というのは中々前例もないと思いますし、驚きではありますがそれを踏まえても遊びたくなる魅力的なゲームではあると思います。

PCでゲームを遊ぶなら大容量のストレージというのはまぁついてまわる話なので、この機会に環境を一新してみたりするのも良いかもしれません。

スポンサーリンク