ゲームをプレイする際に、コントローラー、というのは大事な要素の一つ、ゲームによっては専用コントローラーが発売されたりします。

そんなコントローラーの中で、必須ではないけれど、コダワリ始めるとキリがない、というのが「アーケードコントローラー」ではないでしょうか。

今回はアーケードから新たに移植版の発売が発表された「ガンダムEXVS MBONオススメの「アケコン」などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ガンダムEXVS MBONがPS4で発売決定!


出典:https://www.jp.playstation.com/

コンシューマハードで発売されるゲームタイトル、最近は中々に出来の良い作品揃いで、お家でゲームをするのが好きな筆者は嬉しい限りです。

 

オリジナルのタイトルが面白いのは勿論ですが、中には「移植」という形でコンシューマーにやってくるタイトルも中にはありますね。

最近は多少減ったような気もしますが「アーケードゲーム」のコンシューマー移植、というのは、楽しみの一つではないでしょうか。

 

昨今は減った、と思っていたら、今年は何と「機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON」のPS4版が発売される事が決定。

アーケードで盛況なガンダムの対戦アクションゲームとして有名な作品ですが、それが遂にPS4で遊べる、というのは嬉しいですね。

 

同様のシリーズとしては一応「GUNDAM VERSUS」が以前発売はした物の、アーケード版からの移植、という形を取るのは久しぶりですね。

「EXTREME VS. マキシブーストON」通称「マキオン」アーケードで稼働を開始したのは2016年の事、何気に結構年数が経っていますね。

 

アーケードの方は2019年11月26日に稼働を終了、シリーズとしては新たに「エクストリームバーサス2」が新稼働中

「EXVSシリーズ」についての詳しいおさらいなどは、以前こちらの記事で触れていますので、気になる人はこちらにも目を通してみてください。

 

以前こちらの記事を書いた時には、移植は望み薄なのでは、なんて書いてしまいましたが、正式に移植が発表されて嬉しい限りです。

「GUNDAM VERSUS」も魅力的な作品ではありましたが、やはり本家シリーズの最大の魅力は「参戦機体」と「参戦作品」の多さでしょう。

 

今回PS4に移植される「マキシブーストON」では36作品、183機体が使用可能、という事で、普段アーケードをプレイしない層も楽しみなのではないでしょうか。

2020年は「EXVS」シリーズがスタートして10周年を記念する年、という事で、家庭用移植版「EXVS MBON」が10周年記念作品になる、との事。

 

まだ詳しい発売予定日などは発表されていませんが、PS5の発売予定時期などを考えると、PS4で出る最後の「VS」シリーズになりそうです。

ともあれ、参戦機体の多さなどで、楽しめる要素はかなり多い作品だと思いますので、アーケードで遊んだ事がない人にもオススメできる作品。

 

オンラインでの対戦なども含め、移植版ならではの遊び方が実装される可能性もそれなりにありますので、今から続報が楽しみですね。

 

アケコンは買うべき?


出典:https://www.jp.playstation.com/

さてさて、移植版で初めて遊ぶ、という人も勿論いると思いますし、アーケードで遊んでいたので移植版も遊ぼう、というタイプの人もいるでしょう。

実際どちらの楽しみ方もあり、と思うのですが「アーケードと同じ感覚」でプレイしたい、という人には移植版は色々と感覚が違う場合も。

 

そうなった場合、やはり必要になるのは「アーケードコントローラー」でしょう、普通のコントローラーとは操作感がまるで違います

アーケードで普段から「マキオン」をプレイしていました、という層も多いと思うので、そういった人達は家庭用でもアケコンを使うのをオススメします。

 

そうすれば、ある程度の差はあれど、基本的な操作の感覚などはアーケードの時とほぼ同じに出来る、という利点があります。

ですが、逆にアーケードでのプレイ歴はなく、家庭用、つまりコンシューマーハードでのプレイしかしていないよ、という層は注意が必要です。

 

通常のコントローラー、今回の場合はPS4用のコントローラーですね、とアーケードコントローラーは当然形状からボタン配置から何もかもが違います

アケコン自体は確かにゲームの操作性などにこだわるのであればあった方が良い、と言いたい所ですが、結局その人次第な所もあります。

 

アーケードでのプレイ経験などがあまりない、という人だと突然アケコンで操作する、というのはハードルも高く、慣れが必須になる所も。

通常のコントローラーの方が操作がしやすい、という人も多いですし、その辺りは自分がどちらの方が好みか、などを良く考える方が良いでしょう。

 

身も蓋もない言い方をすれば今回の主題である「マキオン」は、いわゆるコマンド入力型の格闘ゲームとは違います

アクションゲームとしての側面が強いので、格闘ゲームのようにコマンド入力がしやすい、といった大きな利点があるわけではない、という所です。

 

アーケードでも今後プレイの予定がない、というような人は、あえてアケコンを買わなければいけない、という理由は薄いでしょう。

操作のしやすさや自分の好み、お財布事情などと相談して購入するかどうか、あるいはゲーム発売後に遊んでみて、という選び方もありでしょう。

 

必ずしもアケコンがないと楽しめない、オンライン対戦などで勝てない、という事は絶対にないと思いますので、購入はしっかりと検討した後にしましょう。

スポンサーリンク

 

買うならコレ!オススメのアケコン5選!


出典:https://www.amazon.co.jp/

さて、必要か不要かはその人次第、とは言いつつも、やはりアケコン自体はあっても困る事はありません、遊ぶのに買ってみるのもアリではあります。

今から新しくアケコンを購入する人、あるいは既に使っている物からバージョンアップしたい人などに向けてオススメを紹介していきます。

 

ただ、アケコンというのはそれなりに上下はありますが、値段は相応にする物なので、周辺機器として見ると高いという所に注意です。

購入の際は、性能や置き場所の確保は勿論ながら、お財布事情とも相談する必要がある、というのは忘れてはいけませんよ。

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回オススメするアケコン5選は以下の通りになりました。

■Razer Panthera Evo アーケードコントローラー PS4/PC対応

こちらはAmazonでも最近取り扱いを開始したばかりの新しい商品、価格帯もかなり高めではありますが「耐久性」の高さなどがウリ

メンテナンス性はビス止めが多く面倒になってしまった部分もある物の、軽量かつ耐久性の高い仕様はプレイの助けになるでしょう。

入門編、として考えるとちょっとばかり高価な品ですが、安物買いの銭失い、という言葉もありますので、最初から買うのもアリかもしれません。

 

■リアルアーケードPro.V HAYABUSA

アケコン、といえばまずコレが鉄板、と言われるホリ製の「RAP」シリーズ、2017年に発売されたモデルですがロングラン製品になっています。

長く売れている、というのは鉄板の品である、というある種の証明でもありますし、値段も比較的手頃ではあるのではないでしょうか。

迷ったらこの辺りの定番商品を購入する、というのは失敗しづらい選択肢なので、悩むようならこの辺りがオススメかもしれませんね。

 

■リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA

こちらは上で紹介した「RAP HAYABUSA」と同一ながら、ボタンやレバーが立てる音を静かにした「静音モデル」と呼ばれるものです。

普通のコントローラーと比べて、どうしても「ガチャガチャ」という操作音が鳴りやすいアケコンは、集合住宅などではトラブルの元になる事も。

完全に音が消えるわけではないので勿論注意も必要ですが、そういった部分が気になる、という人はこちらをチョイスするのもアリではないでしょうか。

 

■ファイティングスティック for PlayStation4

こちらも、同様にホリから発売されているアケコンの一種、ソニーからの公式ライセンス商品、というのもPS4で使う上では安心感があります。

価格帯の割に「アーケードとの操作感の一致」を謳った商品で、その辺りの評判はレビューなどでもなかなか高評価の様子。

価格もかなり抑えめ、アケコンではかなり安い部類なので、まず入門編として購入するならイチオシの商品ではないかと思います。

 

■PXN アーケードコントローラー

こちらはともかく安い価格帯の手頃さと、どこかレトロな雰囲気が可愛らしいアーケードコントローラーですね。

メーカーは海外ではありますが、一応日本語の説明書も付属、価格帯の割にしっかりした作りとの評価を受けているようです。

まず入門編として購入する、あるいはアーケードコントローラーを初めて触る、といった人にはオススメできるのではないでしょうか。

 

今回のオススメ5選はこんな所でしょうか、どれもAmazonで取り扱いがあるので、購入する際も楽ではないかと思います。

ただ、やはりというかコントローラー、として見た場合、アケコンはかなり高価なのは事実検討するのは非常に大事だと思います。

 

上でも書きましたが、必ずしもアケコンがなければダメ、というわけでもありませんので、この辺りはあくまで参考程度にしてください。

今後も格闘ゲームなどをやり込む予定、という人など高価な商品を勇気を出して購入するのもアリではないかと思います。

 

どちらにせよ場所をとったり高価だったりと、ハードルが高い部分もあるのは否めない「アケコン」を導入するなら、良く考えてからにしましょうね。

 

ガンダムEXVS MBONアケコンまとめ

  1. 久しぶりの移植版EXVS!参戦機体の多さなどが魅力!
  2. アケコンは必須ではない!自分のプレイスタイルと照らし合わせて!
  3. オススメ5選以外にもアケコンはある!購入は慎重に検討を!

アケコンはやはり高価な上、操作感の違いなどで合う合わないが出やすいので、中々購入に勇気がいるのではないでしょうか。

こればかりは実際に試してみる、という以外にないので、購入の際はその辺りも注意しつつ、検討してみるのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク