ソーシャルゲームと呼ばれるゲームの中にも、時折非常に高い人気を持つ「お化けコンテンツ」になるタイトルがあったりします。

そんな中で話題に上がりやすいのは「グランブルーファンタジー」ではないかと思います、キャラクターなども魅力的な作品ですね。

今回はその「グラブル」の外伝、PS4ソフトグランブルーファンタジーRe:LINK」についての発売日や特典などを予想していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

グランブルーファンタジーRe:LINKとは?


出典:http://relink.granbluefantasy.jp

 

まず、記事の主題となる「Re:LINK」の紹介と、原作である「グランブルーファンタジー」のおさらいから初めていきたいと思います。

 

グランブルーファンタジー」は「神撃のバハムート」や「アイドルマスターシンデレラガールズ」などを開発したCygamesのスマホRPGです。

原作を持たない「オリジナルタイトル」でありながら、非常に高い人気を持ち、スマホとは思えないほど濃密なやり込み要素のあるゲームですね。

 

グラフィックだけでなく音楽にも力をいれており、作曲担当には「FF」シリーズでも有名な「植松伸夫」が参加しているといった点でも話題になりました。

アニメ化や漫画家、スマホゲームとしては異例のオーケストラコンサートを開催するなどの、外部メディアミックスも積極的で、その人気ぶりが伺えますね。

 

今回の記事のメインとなる「Re:LINK」は、2016年9月に発表された「PS4」で開発中の外伝タイトルになります。

スマホRPGから打って変わって、3Dモデリングを利用したアクションゲームになる、という情報や本編「グラブル」と密接にリンクしたシナリオになる、と発表されています。

公開されているトレイラーでは、かなり気合の入った映像表現や、グラブルの特徴的なキャラクターデザインを意識した3Dモデリングなどが魅力的。

 

しかし、一部のアクションシーン等が紹介されている程度で「ゲームシステム」「インターフェース」などはまだまだ開発段階といった印象ですね。

グラブルの特徴でもある、個性的な登場キャラクターたちも「メインシナリオ」に登場するキャラクターだけではなく、いわゆる「ガチャ産」のキャラも登場するようです。

 

ゲーム部分の開発は、アクションゲームには定評がある「プラチナゲームス」が関わっており、この辺りの出来はそんなに心配しなくても良さそうですね。

とはいえ、人気のキャラクターが多いゲームですので、どの程度までキャラクターが登場するのかなど、情報が早く欲しい所ですね。

 

 

 

発売日はどうなる?


出典:http://relink.granbluefantasy.jp

 

さて、やはり気になるのはまず「発売日」ですね、一応発表された当時の予定では2018年発売予定、とされていました。

 

しかし、トレイラー公開はされている物の、以降の開発状況の進捗などは一切公開されていないので、順調に開発が進んでいるかなどは分からずじまいです。

これは関係あるか分かりませんが、本家グランブルーファンタジーの方では「プロデューサー交代」というある意味大事件まで起きています。

 

プロジェクト凍結、なんて事は流石にないとは思いますが、何か開発に影響が出ていてもおかしくはないのでは、と勘ぐってしまいますね。

下手をすれば2019年、2020年まで延期、なんていう自体もありえる、というのが正直な感想です。

 

元がソシャゲーである以上、人気キャラクターは常に変動する物なので、その辺りの対応なども考えると遅れが出るのはある意味予想通りではありますが。

一応、前向きに考えて、発売日は2018年の夏頃、と予想しておきます、多分外れると思いますが(苦笑)

 

スポンサーリンク

 

連動機能・特典は?


出典:http://relink.granbluefantasy.jp

 

どのような仕様で実装するのかはまったく発表されていませんが「Re:LINK」では、本家グランブルーファンタジーとの連動機能をもたせたい、という話もありました。

 

ソーシャルゲームとPS4のゲームをどうやって連動させるのか、という所も気になりますが、どういった形で連動するのかが気になりますね。

一応の予想としては「Re:LINK」のやり込みに応じて、本家の方で「武器」や「キャラクター」を入手できる、といった所だと思います。

 

逆に、予想しづらいのは「グラブル」からの「Re:LINK」への連動ですね、まさか「グラブル」の方で入手しているキャラが「Re:LINK」で使える、というのは少々考えづらいですし。

一応この方向で考えると「グラブル」の進行度合いに合わせて「Re:LINK」での使用キャラが増える、というのはあると思います。

 

Re:LINK」でのメインキャラクター以外の開放条件はグラブル」の進行度でも解禁される、とかその辺りではないでしょうか

個人的にはやはり、人気のあるキャラクターがどこまで、どの程度登場するかなどでも変わってくる話だと思うので、中々予想が難しいです。

 

Re:LINK」の購入特典に関しては、多分(というか十中八九)ですが「Re:LINK」のオリジナルキャラクターが「グラブル」で使えるようになる特典コードとかその辺りでしょう。

あとはSSR確定ガチャチケット、とか、恐らく現在放送中のアニメ版「グランブルーファンタジー」のDVD特典とあまり差はなさそうな気がしますね。

 

極端な話「Re:LINK」を購入する層が「グラブル」をまったく知らない層、というのは少々考えづらいので、ユーザーが喜びそうな物、というのはその辺りだと思います。

何にせよ、連動機能や特典、ゲームの開発状況など、早いところ続報を出して欲しい所ですね。

 

グラブルRe:LINK予想まとめ

  1. PS4専売のグラブル外伝
  2. 2018年中の発売と発表されているが望み薄?
  3. 特典・連動機能はキャラクター開放と予想!

本家グランブルーファンタジーも4年目に突入し、多種多様なキャラクターなどで盛り上がるゲームとなっています。

そんな中で本格的なアクションゲームが出る、というのは楽しみな反面、ここまで情報が出てこないと「大丈夫かこれ」と少々心配になってしまいますね。

 

スポンサーリンク