スポンサーリンク

ゲームをプレイする際、当然の事ではありますが「操作」に関わる物はかなり重要な立ち位置を占めていると言っても過言では有りません。

変わり種のコントローラーから、PCにおけるキーボード+マウスまで、自分にあった物を探せばそれだけゲームプレイは快適になるとも言えます。

今回は人気のバトロワ作品「APEX」と、APEXプレイの際の「キーボード+マウス」あるいは「ゲームパッド」についての記事となっています。

スポンサーリンク

 

APEX上級者のプレイも参考に?


出典:https://twitter.com/

ゲーム、というのは様々なジャンルや遊び方がある物ですが、中でも白熱しやすく熱中しやすいのは対戦型の作品ですね。

1対1の格闘ゲームなどは勿論の事、昨今は多数の中から生き残りを掛けてプレイする「バトロワ」形式の物が流行の一途をたどっていると言っていいでしょう。

 

こういった対戦形式のゲームは、やはり最終的に勝てるようになると楽しい、という側面がありますが、一朝一夕で勝つことは難しいのも常ですね。

例えば、当ブログでも度々話題として取り上げている「APEX」なども、勝つためには様々な努力が必要なゲームになってきている、と思います。

 

まぁこの辺りに関しては、ゲーム人気が高く人口が多くなれば当然ともいえるので、ある意味仕方のない部分ではありますが。

そんな「APEX」で勝利を手にするにはまず当然ながら「練習」する事は必要不可欠ではないかと思います。

 

練習、と一口に言っても、勿論方法は様々あると思います、ゲームである以上「操作」を練習する事も非常に重要ですね。

APEXというゲームのジャンルはFPS移動や立ち回りといった操作部分は勿論の事、敵に素早く照準をあわせるための「エイム」も練習が必要です。

 

的確な立ち回りや的確なエイムが出来るようになれば、自ずと勝率は上がっていく、というのは間違いないでしょう。

そして実際にゲームをプレイしてそういった部分を練習し、対戦に慣れる、というのも重要ですが、もう一つ重要な練習があります。

 

それは「上級者のプレイ」を見て参考にしてみる、という事ですね、勿論動画を一つ見た程度で真似する事は出来ないと思いますが。

とはいえ、上手い人のプレイを繰り返し観てその動きを真似してみる、というのはこういったゲームにおいては非常に重要です。

 

FPSでは特に、単純な操作だけではなく、状況に応じて立ち回りを変えたり、という事も必要になりますので、その参考にしてみるのもアリですね。

幸いにして現在は動画配信などが盛んに行われていますし、海外のチャンピオンシップの配信なども行われています。

 

まずはプレイを重ねて操作に慣れる、というのが最前提ではありますが、行き詰まりを感じたらこういった上級者のプレイを観て学ぶ事も試してみると良いかもしれません。

 

キーマウとパッドそれぞれの利点は?


出典:https://www.amazon.co.jp/

さてさて、APEXというゲームの人気の隆盛ぶりは目を見張る物がありますが、まだまだ新規プレイヤーとなる人も多いでしょう。

そんなゲームをこれから始める人にとっては重要なポイントとして、操作方法における重要性、という物も解説していきたいと思います。

 

様々なハードやPCなどで遊べるAPEXは、どのハードで遊ぶかにもよりますが、操作方法も大別して「ゲームパッド」あるいは「キーボード+マウス」に分かれています。

これについては色々論争が起こる事もありますが、そもそもAPEXにおいてはどちらでプレイするのも仕様の一つなので、今回は割愛。

 

それぞれの操作方法にメリット・デメリットが存在し、正直に言えば一概にどちらの方が優れている・有利である、というのは言いづらいです。

まぁその辺りを判断するのもプレイヤーの腕や選択次第、という所もあるので、それぞれのメリットなどについて解説してきましょう。

 

具体的には、それぞれの操作方法には以下のような特徴があります。

 

■キーボード+マウスのメリット・デメリット
キャラクターのコントロールが非常にやりやすい
・マウスによる操作で「エイム」がしやすい
・キーボードでの操作は慣れが重要

 

■パッドのメリット・デメリット
・キーボード+マウスに比べてコントロールはし辛い
・視点移動やエイムなどの操作も早いとは言い難い
エイムアシストがある

とまぁかなり簡単にではありますが、まとめるとこんな感じではないかと思います、操作全般という面において軍配があがるのはキーボード+マウスではないでしょうか。

 

無論、普段ゲームを遊ぶために使うのはコントローラー(ゲームパッド)が多いでしょうし、キーボードでの操作に慣れるのは大変ではあります。

ただそういった操作への習熟、という点においては結局パッドを利用していても変わらない部分はありますし、それを踏まえた上でも、という感じですね。

 

しかしながら、APEXにおいては、ゲームパッドへのエイムアシストがかなり強力にかかる仕様になっており、この辺りはキーボード+マウスでは真似できない部分でもあります。

実際、プロゲーマーとして活躍するようなプレイヤーでも、APEXではパッドを利用してプレイしている、という人も居ます。

 

それほどにエイムアシストが強力、と見る事もできますが、かといってパッドを使えば必ず勝てる、というような甘い話は勿論ありません

どちらにしろ勝つためには練習が必要ですし、エイムアシストを利用して勝てるようになった、というのはそれこそ基本の動きがしっかり出来ているからこそでしょう。

 

単純にAPEXはキーボード+マウスでの操作が最初に想定されている作品です、パッドでの操作は調整されているにしろ後付による物である、というのがポイント。

どうあがいてもゲームの仕様的に、キーボード+マウスの方が素早く操作できたり、という点が存在するのは仕方のない部分でもあります。

 

エイムアシスト自体は確かに有用ではある物の、キャラクターの操作という点においてはどうしても劣る、というのがパッドの実情です。

操作の練習などで補えるレベルであるかどうか、それこそ個人の感覚で変わってきてしまう所でもある、という感じでしょう。

 

この事から、どうしても「どちらの方が強い」と言い切る事は難しい話だと思いますので、結局は実際にプレイして慣れてみるしかない、という感じになるでしょう。

スポンサーリンク

初心者ならどちらがオススメ?


出典:https://www.amazon.co.jp/

さて、度々話題になる「キーボード+マウス」あるいは「ゲームパッド」での操作、どちらの方が確実に優れている、とは言いづらい事柄です。

しかしながら、ゲームをこれからスタートする初心者が最初に触るのはどちらの方が良いのか、という話題に関してはある程度指標を出す事が出来ると思います。

 

今回の記事のタイトルにもあるように「初心者」の人が「どちらで練習するべきか」という話題で今回の記事を〆たいと思います。

あくまでも初心者に向けた話ですし、筆者の意見ですので、実際にはやはりプレイをして確かめてみるのが一番だとは思います。

 

それを踏まえた上で、初心者が最初に練習するべき「キーボード+マウス」ではないかと思います、理由についても色々ありますが。

まず第一に、今回の記事はAPEXを主題に扱っていますが、キーボード+マウスはPCでゲームを遊ぶなら基本になる、という点が一つ。

 

このゲームに限らず、他のFPSなどもプレイする際にはまず間違いなく要求される操作方法なので、覚えておいて損をする事はない、という点。

上でも解説したパッドにおける「エイムアシスト」を利用するにしろ、基本となる操作部分が出来ていなければ有用には働かない、という事。

 

そして、エイムアシストの件を除けば、プレイのしやすさやエイムのしやすさは、キーボード+マウスが有利なのでは、という話。

この辺りを総合すると、やはりゲームパッドでの操作に慣れてからキーボード+マウスに移行する、というのは少々やりづらさが増しそうです。

 

なので、APEX初心者はまずキーボード+マウスで操作を練習し、それからパッドにおけるエイムアシストを確かめてみる、というのが良いと思います。

まぁこれはあくまでPCでAPEXをスタートする、という前提をつけた場合の話で、各ゲームハードからスタートするならまた話も変わってきます

 

PC以外のハードでゲームをプレイするのであれば、今度はキーボード+マウスを用意して、という方がハードルが高くなります

どのハードで遊び始めるのか、という所でも変わってくるポイントではありますし、極論を言ってしまえば「結局慣れ」だと思います。

 

どちらにせよ練習を重ねて考えながらプレイする、というのが非常に重要になる作品だと思うので、どちらの操作方法も触ってみるのが吉。

その上でキャラクターの操作はどちらの方が肌にあっているかエイムアシストは有用に使えそうかなどを判断するべきでしょう。

 

あくまでここで書いた意見も、筆者の意見に過ぎないので、プレイしてみたら感覚も全然違いました、という事も大いに有り得ると思います。

 

APEXキーマウ&パッドまとめ

  1. 上級者のプレイも参考に!配信などもチェック
  2. 操作にはそれぞれ利点あり!エイムアシストが鍵?
  3. オススメはキーマウから!どちらも触ってみるのが吉!

こういったゲームはやはり、操作方法その物よりもやはりプレイヤーの腕が大きく関わってくる、というのが特徴にもなっていると思います。

とはいえ、どちらが自分に合っているのかよく確かめる、というのも重要なポイントだと思うので、試してみても損はないと思います。

スポンサーリンク